タレントでモデルの紗栄子が10日夜、交際していたファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社スタートトゥデイの社長・前澤友作氏との破局を認め、渡英することをInstagramなどで正式報告した。


紗栄子は10日夜、Instagramを更新。イギリスで撮影したとおぼしき写真と一緒に「連日報道があるように、子供達の進学のためにイギリスに行くことに致しました」と切り出し、「皆様には渡英のタイミングでご報告しようと思っておりましたが、報道が先行し、私からのご報告が遅くなり申し訳なく思っております」とファンに謝罪。そして「報道にあるように、前澤友作さんとのパートナーシップを解消致しました。共に過ごした時間で、たくさんのことを学ばせていただき、私の視野を広げてくれた彼には心から感謝しております」とコメントし、破局したことも認めた。



同投稿は4万件以上の「いいね!」を記録。ファンから「応援してます!!イギリスでの生活楽しんでくださいね」「お母さん頑張って」「さえちゃんの決断力、本当に尊敬します。今はそれぞれ子供達のことを第一に、これからもお互いの持ち場で応援していただける人でいられるように、精進してまいりたいと思います」と温かいメッセージが多数送られている。



紗栄子は、8月上旬に息子たちとイギリスに滞在していたことをInstagramで明かし、一部メディアで前澤氏との破局および渡英を報じられていた。今後タレント・モデルとしての活動は、日英を行き来して継続する見込み。