『ソウ』シリーズの最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』に、なんと第1作目『ソウ』から『ソウ:ザ・ファイナル3D』までシリーズ7作を通して登場し続けてきたメインキャラクター「ジグソウ」役のトビン・ベルが再出演することが発表。トビンからのコメントも到着した。



「ジグソウ」とは連続猟奇殺人犯のジョン・クレイマー(トビン)の通称。死体にジグソウパズルを模した印をつけることが由来だ。人間心理を巧妙に読み取り、二重三重にも計算されたトラップで被験者を追い込むが、殺人そのものが目的ではなく、「被験者」と呼ぶゲームの対象者に生きる意味を見出させること、もしくは自身の業を正させることがその最大の目的である。「ジグソウ」が『ソウ3』で不治の病によってこの世を去って以後、次々と現れる複数の後継者たちはジグソウの意思とは反した殺人を行ってきたが、後継者たちの暴走を予期した「ジグソウ」は、死してなお、様々な対策を取って、実質的に物語を掌握していた。



ホラー&スリラーのジャンルに留まらず、映画史上“最も知的な殺人犯”としてファンも多い人気キャラクターの「ジグソウ」。最新作の舞台は「ジグソウ」の死後10年となる。死んだはずの彼は、最新作で一体、どのような登場をするのか?今から期待が高鳴るばかりだ。




映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』

11月10日(金)全国ロードショー





出演◆マット・パスモア カラム・キース・レニー クレ・ベネット ハンナ・エミリー・アンダーソン ローラ・ヴァンダーヴォート 

マンデラ・ヴァン・ピープルズ ポール・ブラウンスタイン ブリタニー・アレン ジョサイア・ブラック

監督◆スピエリッグ兄弟(『デイブレイカー』『プリデスティネーション』)

脚本◆ジョシュ・ストールバーグ ピーター・ゴールドフィンガー(『ピラニア 3D』『ピラニア リターンズ』)

プロデュース◆オーレン・クールズ マーク・バーグ グレッグ・ホフマン(『ソウ』シリーズ) 

提供◆アスミック・エース/ポニーキャニオン 配給◆アスミック・エース 公式HP◆jigsaw.asmik-ace.co.jp/ twitter◆ @JigsawMovie_JP

原題:JIGSAW/2017年/アメリカ/92分/スコープサイズ/5.1chサラウンド (C)2017Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.