モデルの道端アンジェリカが15日、「GINZA SIX CHRISTMAS 2017」点灯・降雪式に出席。クリスマスは恋人の一般会社員男性や家族と過ごす予定だと明かし、第一子を出産した姉・ジェシカとは「来年、仕事がゆっくりになったら会いに行こうかな」と話すにとどめた。


>道端アンジェリカの写真をもっと見る



道端はこの日、ヨーロッパの町並みをイメージしたジオラマステージに、大胆なスリットの入ったロングドレスで登場。また総額1億3千万円強の高級ジュエリーに身を包んで「シャッキっとする。もっと女性らしく、エレガントな気持ちになる」と笑みをこぼした。



会場では、道端の鳴らす鐘の音と石原良純の「雪が降るでしょう」という気象予報に合わせて、会場に白雪が舞い落ち、ライトアップがスタート。MCから「(雪が降るという)予報が当たった感想を」と促された石原は「予報は日々ほぼ当たっています。8割以上の確率で当たってますので、そういう言われ方は心外です」と反発し、報道陣の笑いを誘った。



クリスマスの予定などについて語った石原良純と道端

イベントを盛り上げた石原良純と道端




クリスマスは「基本、家族やお友達を皆呼んでホームパーティーをするのが恒例。あとは必ず教会に行く」という道端。交際を宣言している一般会社員男性と「ゆっくり過ごすと思う。彼とうちの家族と一緒に過ごせたら」と家族公認の仲であることを暗に示した。



さらに、恋人の男性へのクリスマスプレゼントは「ゆっくり何が欲しいのか探索しながら買ってあげたい」と言い、自身は「物欲なくなってきた。今は一緒に過ごす時間が大切。ステキな時間が過ごせたらいいかな」と白い歯をこぼした。



また、10月25日に米国・ロサンゼルスで第一子を出産した姉・ジェシカとはクリスマスに会わない模様で「(子供が)生まれたてなので会えてない。来年、仕事がゆっくりになったら会いに行こうかな」と話すにとどめた。