Hey!Say!JUMPの山田涼介が、15日に都内で開催された映画『鋼の錬金術師』のジャパンプレミアに、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、内山信二、夏菜、佐藤隆太、松雪泰子、曽利文彦監督と共に出席。山田は「弟への愛、母への愛、仲間への愛、兄弟の葛藤。本当に、日本の魂を繊細に緻密に描いている作品になっています」と作品の魅力を語った。



>写真をもっと見る



荒川弘による同名コミックを基にする本作は、禁断の錬金術によって肉体の一部を失ったエドワード(山田)&アルフォンス・エルリック兄弟が繰り広げる壮大な冒険を描くファンタジー・ロマン。「原作ファンの方がたくしゃん、たく…」と噛んで照れ笑いを見せた山田。ファンの黄色い歓声が飛ぶ中、本田は「今なんて言ったんですか?」とすかさずツッコミを入れ、内山も「山田君も緊張するときあるんですね〜」と愛のあるいじりを見せた。



気を取り直した山田は「(原作ファンの方が)たくさんいらっしゃることはわかっているんですけども、原作ファンじゃない方も、『鋼の錬金術師』っていうワードを初めて聞くよっていう方でも、入り込めると言いますか、誰でも楽しめる作品になっています。弟への愛、母への愛、仲間への愛、兄弟の葛藤。本当に、日本の魂を繊細に緻密に描いている作品になっています」と魅力をアピール。



続いて、マスタング大佐を演じたディーンに感じたギャップを聞かれると、「見た目通り、中身も真摯な方です」としたうえで「お茶目な一面もありますよね」とコメント。「失礼に当たったら申し訳ないんですけど、真剣にやってらっしゃるんだろうなと思ったんですけど、歌を作られてるんですね。その歌が、めちゃかわでした。めちゃくちゃ可愛かった。それを今ディーンさんに歌えっていうのは申し訳なさすぎるので、いつかどこかで披露してあげてください」とも。



これを受けたディーンは、笑いながら「仕事で音楽を作っているんですけど、その延長線上というか、軽いノリで、ふざけた曲も作ったりするんですよ。その時は、“グルテンフリー”の歌。自分的に流行ってて、自分で作って、自分でウケてるみたいな」と回想。本田は「どういう歌なんですか?」と質問し、ディーンはボイスパーカッションを交えた自作の歌を披露して会場を沸かせた。また当日は、ホログラムで表現されたアルも舞台上に登場し、山田や本田と会話を繰り広げていた。



(取材・文・写真:岸豊)


映画『鋼の錬金術師』

2017年12月1日(金)全国ロードショー



監督:曽利文彦

原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)

エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

配給:ワーナー・ブラザース映画