25日に放送される『CDTVスペシャル クリスマス音楽祭2017』(TBS系、19時〜)で、番組内で視聴者の体験エピソードをもとにしたスペシャルドラマの放送が決定した。



TBSドラマ制作チームが手掛けたラブストーリーを2作品放送する。



『CDTV』番組内で以前から募集していたこの企画には、「初恋」「失恋」「片思い」などの恋愛エピソードと共に、そのとき聴いていた思い出の楽曲が多数寄せられた。その中から厳選された“胸キュン”エピソードを完全ドラマ化。



若手俳優として数々のドラマで活躍する吉本実憂と堀井新太がそれぞれ主演を務め、 “スペシャルドラマ”と“豪華アーティストの歌声”がクリスマスの夜にマッチする、音楽番組ならではのラブソングとのリンク性もみどころのひとつだ。



吉本実憂「好き」 堀井新太「愛が呼ぶほうへ」



吉本実憂が主人公として出演するのは、スペシャルドラマ『好き』。



西野カナの楽曲をテーマソングに、クリスマスにふさわしい奇跡のようなラブストーリーだ。共演には『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)で主役を務め人気を博した西銘駿が吉本の相手役を演じるほか、お笑い芸人のキンタロー。が吉本の先輩役で出演、脇を固める。



ポルノグラフィティの楽曲をテーマソングに制作されるのは、スペシャルドラマ『愛が呼ぶほうへ』。



主演の堀井は、今年4月期放送の『3人のパパ』(TBS系)でも主人公を演じ、2018年度NHK大河ドラマ『西郷どん』への出演も決定している。相手役は昨年女優デビューし、2018年秋頃公開予定の映画『あまのがわ』で初主演が決定している女優・福地桃子がフレッシュな魅力たっぷりに演じる。



共演には入山法子、平泉成といった演技派俳優陣が名を連ね、すれ違いながらも想い合う恋人たちの8年間 にわたる物語を描いている。



また、アーティスト陣としてDEAN FUJIOKAの出演が決定、クリスマス音楽祭VTRナビゲーターとしてホラン千秋の出演も決まった。