東京都写真美術館と産経新聞社が、写真家・荒木経惟の写真展「荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017-」を、2017年7月25日(火)より東京都写真美術館で開催する。



今なお創作意欲の衰えぬ、アラーキーの過去と現在



荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国内外で高い評価を得ている写真家。彼の作品は、テーマや手法が多岐にわたることでも知られ、これまでに500冊近い写真集を上梓するなど、その制作意欲は現在もなお、尽きることがない。そして、7月8日(土)から東京オペラシティアートギャラリーで「荒木経惟 写狂老人A」展、7月14日(金)からラット・ホール・ギャラリーで「荒木経惟 花幽園」展を開催し、本展を含め、この夏3つの展覧会を同時開催するほど、その活動はエネルギッシュだ。



本展のテーマは、荒木経惟自らが「陽子によって写真家になった」と語るほど彼の写真家としての原点である妻「陽子」。膨大な作品群から、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品約1,000点(予定)を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真の神髄である「私写真」について考察していく。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅1971-2017-」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒木経惟の私写真、そして写真人生そのものを表している。



料金は、一般900円、学生800円、中高生・65歳以上700円。第3水曜は65歳以上無料。小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をもつ方とその介護者は無料。


本展のほか、この夏開催されるほかの2つの写真展も巡って、荒木経惟のエネルギッシュな作品を観賞してみては。



■開催情報



「荒木経惟 センチメンタルな旅1971-2017-」



開催日/7月25日(火)〜9月24日(日)

開催時間/土〜水曜10:00〜18:00、木・金曜10:00〜20:00※7月20日(木)〜8月25日(金)の木・金曜は21:00まで

会場名/東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

定休日/なし



東京都写真美術館 公式サイト