世界文化遺産登録された、国立西洋美術館(東京・上野)も手掛けた近代建築の巨匠ル・コルビュジエと、インテリアデザイナーとしても著名な女性建築家アイリーン・グレイの間に隠された波乱万丈のストーリーを美しき映像で描いた極上のドラマ『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』が、2017年10月14日(土)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開される。



ふたりの天才建築家の半生を、美しき映像でつづる愛憎ドラマ



『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』



南仏の海辺に建ち、建築史上に残る傑作とされる別荘「E.1027」。アイリーンが手掛けた建築でありながら、長く近代建築の巨匠ル・コルビュジエの作とされてきたその建物は、ふたりの仲を決定的に引き裂いたとされる“壁画事件”の舞台でもある。





『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』




『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』





本作は、歴史の陰に覆い隠されてきたその邸宅の謎を紐解き、光り輝く才能を発揮するアイリーンに対する、ル・コルビュジエの密やかな嫉妬と欲望が絡まり合う、知られざる愛憎のドラマを浮かび上がらせる。モダニズム華やかなりし時代に生きたふたりの建築家の人生を、実際の建築や家具などを用いながら眩しい映像美で綴っている。





『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』




『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』





アイリーンをBBCの人気ドラマ『MISTRESS(ミストレス)』のオーラ・プラディ、ル・コルビュジエを『インドシナ』のヴァンサン・ペレーズが演じる。



その他のキャストをチェック!



モダニズムが薫る麗しいビジュアルが解禁!



この度、モダニズムが花開いた時代の薫りを存分に感じさせる、麗しいビジュアルが解禁に。全体には、上記の「E.1027」のほか、2009年に史上最高額の約2850万ドル(当時28億円相当)で落札された椅子「ドラゴン・チェア」など、アイリーンのデザインによるインテリアの数々が散りばめられている。



また、7月15日(土)より発売されている本作の前売り鑑賞券には、特典として、今も人気が高いこれらの家具や「E.1027」の外観写真のポストカードセットが付いてくる。


ふたりの天才建築家が、愛し合い、そして憎しみ合っていく……そのリアルな半生のほか、見事な家具や圧巻の映像美にも注目したい。





■作品情報



『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』



上映開始日/2017年10月14日(土)

上映館/Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開



ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 公式サイト