都市型水族館「アクアパーク品川」(東京・品川)で、体感型イベント「花火アクアリウム by NAKED」が2017年10月1日(日)まで行われる。演出を行うのは東京タワーなどの3Dプロジェクションマッピングを手掛けている「NAKED(ネイキッド)」。今回は、日本の夏の風物詩として愛される「花火」をテーマに、“古き良き美しい文化”と、「海の世界」と融合。特別な体感型エンターテインメントを楽しめる。



デジタル花火や和モダンのアートワークが海の生物とコラボ



エントランスでは色鮮やかな生花や和傘、光ファイバーなどのアートワークも施し、「花火アクアリウム」のはじまりを盛り上げる。

エントランスでは色鮮やかな生花や和傘、光ファイバーなどのアートワークも施し、「花火アクアリウム」のはじまりを盛り上げる。




イベントの目玉は、ドルフィンパフォーマンスのナイト公演「星花火 〜スターマイン〜」。イルカたちが躍動する舞台「ウォーターカーテン」と約160メートルの壁に色鮮やかな花火の映像を投影。“光の花火”が打ち上がる中、イルカたちは迫力のジャンプやトレーナーとの華麗なコンビネーションダンスを繰り広げる。さらに音と連動することで、会場は臨場感あふれる空間に。“見る”だけに留まらない、新感覚のパフォーマンスで幻想的なひとときを楽しめる。



また、水槽エリアでも、さまざまなデジタルの花火や和モダンのアートワークと海の生き物がコラボ。エントランスでは、水しぶきの花火が弾けるように舞う中、「ミノカサゴ」や「ホウボウ」のヒレが花火のように美しい魚たちがお出迎え。水槽を囲む壁面だけでなく、足もとまで映像を投影することで、まるで花火につつまれているかのような雰囲気を演出している。



色鮮やかな金魚と光の演出で情緒ある夏らしい空間



壁面には水しぶきと金魚たちが織りなす幻想的な花火を、床面にも色とりどりの花火を投影している。

壁面には水しぶきと金魚たちが織りなす幻想的な花火を、床面にも色とりどりの花火を投影している。




水槽×花を交互に配置したアトリウムのようなゾーン「カラーズ」。「ピンポンパール」「水泡眼」「丹頂」など7種のユニークで色鮮やかな金魚たちと天井に揺らめく風鈴の音が、日本の夏を思わせる情緒あふれる空間だ。空間全体を眺めたり、ひとつひとつの水槽を覗き込んだりと思い思いに楽しめる。



花火が咲き乱れるカフェバーで限定ドリンク





夜の演出。

夜の演出。





昼の演出。

昼の演出。






発光サンゴの水槽やテーブル型水槽がある「カフェバー」では、「花火アクアリウム」をイメージした限定オリジナルドリンクを用意。たくさんの和傘に彩られ、その傘の上や壁にも花火が咲き乱れる華やかなバーでドリンクを楽しめる。昼夜で映像を変更し、少し表情が変わるのも魅力のひとつ。メニューは館内への持ち歩きも可能なので、ドリンク片手に鑑賞するのもおすすめ。



日本の夏を感じる風情あふれる空間と海の生き物がコラボした幻想的な世界を体感しに出かけよう。



■開催情報



「花火アクアリウム by NAKED」



期間/2017年7月8日(土)〜10月1日(日)

会場/アクアパーク品川(東京都港区高輪4−10−30 品川プリンスホテル内)

値段/おとな(高校生以上)2,200円、小・中学生1,200円、幼児(4才以上)700円



公式サイト