経堂や代々木にも店舗を構え、京都から農薬・化学肥料を使わない野菜の宅配、販売などを行う野菜提案企業「坂ノ途中」。この代表取締役・小野邦彦氏によるトークイベントが、「海老名市立中央図書館」(神奈川・めぐみ町)で2017年7月23日(日)に行われる。



環境や身体に優しいオーガニックについてトーク



「坂ノ途中」は、環境負荷の小さい農業の普及を目指し、農薬・化学肥料に頼らず丁寧に栽培された野菜を販売。個人向けのネット通販を主力に、レストランや小売店への卸、東京と京都での八百屋運営を行っている。



今回のトークイベントでは、オーガニックの意味や役割を整理しながら、季節の野菜を楽しめるような話を披露する。また、野菜の試食も行う予定。



参加費は、試食材料費として300円。定員は50名。申し込みは海老名市立中央図書館1階図書カウンターで参加券受け取るか、電話(046-231-5152)で行える。詳細はHPを参照。



ひとつの野菜がもつバリエーションや、季節の野菜の楽しみ方を知ることで、日々の買い物、料理、食卓を囲む時間に新たな楽しみが生まれそうだ。



■開催情報



野菜提案企業「坂ノ途中」・小野邦彦氏トークイベント



開催日/2017年7月23日(日)

開催時間/14:00〜15:30

会場名/海老名市立中央図書館 中央図書館1Fイベントスペース(神奈川県海老名市めぐみ町7-1)



イベント詳細ページ



坂ノ途中 公式サイト