「西武渋谷店」(東京・渋谷)で、ノスタルジーだけでなく若い世代にも今またブームの兆しがある「ラジカセ」を、見て体験することができる展覧会「大ラジカセ展 〜shibuya extra【since1968】」が開催される。期間は2017年8月2日(水)〜8月14日(月)。



懐かしいが新しい。アナログの中にある豊かさと楽しさを発見



「TRA SPECIAL 4」(安齋 肇氏 責任編集による特別版の「TRA」) (C)TRA PROJECT

「TRA SPECIAL 4」(安齋 肇氏 責任編集による特別版の「TRA」) (C)TRA PROJECT




1968年に初めて日本で販売された「ラジカセ」と、同年に開業した西武渋谷店。本展は、50年という同じ年月を重ねてきた大きな箱がコラボし開催される。



松崎 順一氏

松崎順一氏




会場には、日本随一のラジカセ・家電蒐集家である松崎順一氏が監修し、元祖である第1号機「AIWA TPR-101」をはじめスタンダードからオーバーデコレーションなラジカセ、バブル期に生産されたバブカセまで選りすぐりのヴィンテージラジカセ約100台が集結。カセットテープ200本を使い、参加クリエイター17名が作り上げたカセットアートの展示もあり。ほか、伝説のラジオ番組視聴、DJなりきりフォトスポット、1968年男子部屋・80年代女子部屋の展示などの「ラジオ+カセット」体験もできる。





伊藤 桂司×小町 渉「コラボレーションカセット」(C)KEIJI ITO & WATARU KOMACHI

伊藤 桂司×小町 渉「コラボレーションカセット」(C)KEIJI ITO & WATARU KOMACHI





大ラジカセ展オリジナル・カセットメモ(540円)

大ラジカセ展オリジナル・カセットメモ(540円)






また、本展オリジナルのラジカセ関連グッズをはじめ、カセットテープ専門店「waltz(ワルツ)」のミュージックテープほか、ラジカセと西武渋谷店が誕生した1968年にスポットを当てた1960年代後半から1970年代の洋楽邦楽のヒット曲12曲を収めた「大ラジカセ展オリジナルカセットテープ」(800円)の販売も行われる。



入場料は、一般・大学生500円、高校生以下無料。本展限定のカセットテープ付き特別チケット1,000円(数量限定)。


ラジカセ世代も、ラジカセに馴染みがない世代も新たな発見や面白さを感じられるはず。親子や3世代で訪れても楽しそうだ。



■開催情報



「大ラジカセ展 〜shibuya extra【since1968】」



開催日/2017年8月2日(水)〜8月14日(月)

会場名/西武渋谷店A館7階 特設会場(東京都渋谷区宇田川町21-1)



大ラジカセ展 公式サイト