お茶について体験しながら楽しく学べる、「キリン 生茶」によるお茶ミュージアム「お茶のいろは by Namacha」が、期間限定で東京・原宿にオープンする。オープン期間は2017年7月21日(金)〜2018年5月中旬の約10カ月間の予定。



「知るとお茶は、楽しくなる。」がコンセプトの体験型施設



「お茶のいろは by Namacha」は、「知るとお茶は、楽しくなる。」をテーマに「お茶のいろは」を体験し、楽しく学べる体験型施設。



「いろは」とは、「基本」であり「初歩」を意味する。さまざまな体験型のコンテンツを通じて、お茶の木が育つ場所から人々がお茶を飲むまでの流れを丁寧に紐解き、”お茶って楽しい”“お茶をもっと知りたい”と思う「きっかけ」や「第一歩」になれば、という思いが込められている。「お茶のいろは by Namacha」によって、身近であるがゆえに知っているようで実は知らない、お茶に関しての新たな発見を提供する。



「お茶のいろは」を体験し、楽しく学べる。

「お茶のいろは」を体験し、楽しく学べる。




「お茶のいろは」を知るための3つのポイントを体験できる



「お茶のいろは by Namacha」では、「い:農業」「ろ:加工」「は:淹れる」という流れでお茶について紹介。会場では「農業」を学ぶライティングパネルの展示や、「加工」を学ぶインタラクティブコンテンツ、「淹れる」を学ぶワークショップなどを通して、お茶の木が育つ場所から人々がお茶を飲むまでの流れを丁寧に紐解き、楽しみながら体験できる。



具体的には、ウェルカムカウンターとして、タッチパネル式のメディアカウンターで、クイズ形式で茶葉の主要な成分について知ることができる。また、「自分好みのお茶を知る」ことの入口として、「甘い」お茶と「渋い」お茶の飲み比べ体験のほか、「農」体験ブースでは、壁面に切り出された山脈のパネルがライティングされており、その場所の気候や生育条件、茶葉の特徴をプロジェクションで見ることができる。そのほかにも、「ニッポン新茶前線」として、桜の咲く地域が北上していく「桜前線」を模したパネルの展示により、日本のお茶処と、収穫のタイミングを知ることができる。



また、来館のお土産として、約50種類のバラエティー豊かなオリジナルラベルの中から、好みのものを選べる「お茶のいろは by Namacha オリジナル茶缶」を購入できる。茶缶に入っている茶葉と、「お好みチェックシート」と併せて自宅でもお茶を楽しめる。



さらに、「お茶のいろは by Namacha」開催期間中、来場者全員に「キリン 生茶」300mlのペットボトルをプレゼント。お茶のいろはを知った後に、苦みを抑えたうまみの「キリン 生茶」を楽しめる。





「お茶のいろは by Namacha オリジナル茶缶」ラベル「あ」※デザイン例

「お茶のいろは by Namacha オリジナル茶缶」ラベル「あ」※デザイン例






「お茶のいろは by Namacha オリジナル茶缶」ラベル「茶」※デザイン例

「お茶のいろは by Namacha オリジナル茶缶」ラベル「茶」※デザイン例






■開催情報



「お茶のいろは by Namacha 」



開催期間/2017年7月21日(金)〜2018年5月中旬(予定)

営業時間/11:00〜19:00(最終入場は18:10頃を予定 ※混雑状況により異なる)

営業日/2017年7月21日(金)〜年内までは土・日・祝日のみ営業(年末除く)

※2018年1月以降は日曜日のみ営業(予定)

体験料/800円(税込)

会場/お茶のいろは by Namacha (東京都渋谷区神宮前6-16-23 CASE W )



キリン 公式サイト