DEAN FUJIOKAが、約半年ぶりの単独ライヴ「DEAN FUJIOKA Live 2017“History In The Making”」の東京公演を、7月12日・13日に東京国際フォーラム ホールAで開催した。12日の初日から開演を待つ会場の熱気はすさまじく、暗転すると大きな拍手と色とりどりのサイリウムがバンドメンバーとDEAN FUJIOKAを迎え入れた。


>ライブ写真をもっと見る(全6枚)



ステージは7月5日にリリースしたばかりの1st. EP『Permanent Vacation/Unchained Melody』の楽曲を核に、アーティストDEAN FUJIOKAとしてのこだわりを細部にまで織り込んだオリジナリティ溢れるナンバーを披露。オープニングこそ緊張した面持ちでギターをかき鳴らしながら歌っていたDEANだが、それに応える大きな歓声を耳にすると、ビッグスマイルを見せ、会場の空気を和ませた。



原ゆうま(G)、マーリン(B)、横山裕章(Key)、神宮司治(Dr)を配したサポートメンバーとのバンドアンサンブルも絶妙で、実に表情豊か。ジャズワルツテイストの「April Fool」ではムーディーにスウィングしたり、「Permanent Vacation」ではデジタルとバンドサウンドとのハイブリッド感がスリリングで思わず息を飲んだり。



ピアノイントロが印象的なミディアムナンバー「Unchained Melody」では、内に秘めた力強さをそのヴォーカルから感じ取った。この日のステージで感じられたのは、静寂さと躍動感。相反する世界観を実に豊かな表情で、伸びやかなパフォーマンスで表現していたのが印象的だった。










今回のライブタイトル“History In The Making”について、彼は途中のMCでこう語った。

「物事にはなんでもプロセスがあって、過去から現在、現在から未来と。今日という1日はとても大切なプロセスの一部。僕にとっても、願わくばみなさんにとってもそうでありますように。一緒に未来を作っていく“チームDEAN”ですから」。

そんな彼の思いをそのまま歌詞に詰め込んだ「History Maker」を、観客も一体となって大合唱。その素晴らしい歌声を全身で受け止めたDEANは「ありがとう!」と笑顔で応えた。



また、「台湾にいた頃に作った曲で、いろんな思い出が詰まっている曲なんです」と、「午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.)」や、日本で音楽活動を始める第一歩となった「My Dimension」など、思い入れの深いナンバーを披露し、約2時間半の熱いステージを締め括った。



この単独公演は、7月15、16日福島・須賀川市文化センター、7月27、28日大阪・オリックス劇場と続く。出身地である福島公演について、「2011年は自分にとって大きなターニングポイントになった」と、故郷への思いを語っていた。その思いを胸に、このツアーを「過去最高の特別な思い出にできるように」と、彼はまた力強く音を鳴り響かせていくのだろう。(文:大窪由香)



>ライブ写真をもっと見る(全6枚)



DEAN FUJIOKAオフィシャルサイト