KDDI株式会社が、国内外のデザイナーとのコラボレーションによる数々の製品およびコンセプトモデルを発表してきた「au Design project」。その15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」が「GOOD DESIGN Marunouchi」(東京・丸の内)で、2017年7月21日(金)より開催される。入場無料。



人気モデルから、未公開のコンセプトモデルまで約70点を披露!



neon

neon Design:Naoto Fukasawa




携帯電話におけるデザインの変革を志し2001年に始まった小さな活動は、2002年に「au Design project」となり、2003年に第1弾製品「INFOBAR」を発表し、高く評価され人気を博した。「デザインケータイ」というジャンルを築いたこのプロジェクトの精神はその後、「iida」ブランドへと継承され、2017年5月に15周年を迎えた。





INFOBAR

INFOBAR Deign:Naoto Fukasawa





talby

talby Design:Marc Newson





LIGHT POOL

LIGHT POOL Design:Hironao Tsuboi






本展では、プロダクトデザイン約70点、カタログ、ポスター、コンセプトムービー等のビジュアルデザインを展示。これまで未公開だったコンセプトモデルも見れる貴重な機会だ。



また、これらのコンセプトモデル・量産モデルとして具現化した「形態」が、それが生まれた時代のデザイン、アート、テクノロジー、マーケティング、ライフスタイル、産業構造、制度など多様な力の渦の中から立ち現れてきた点にも注目。年代別に5つの章に分けてそれぞれの「形態」が生まれてきた背景に迫りながら、携帯電話・スマートフォンデザインの過去と未来を展望する。



章構成は、「第1章:手が好きな形態 〜 デザインケータイの誕生と終焉 2001-2011 〜」「第2章:魂を揺さぶる形態 〜 ケータイはアートになりえたか? 2009-2011 〜」「第3章:夢見る形態 〜 iPhoneインパクトと新たな方向性の模索 2007-2009 〜」「第4章:「シェア」と形態 〜 スマホ・SNSの渦中へ 2008-2015 〜」「第5章:「ほどよさ」と形態 〜 繋がりすぎないデザイン 2017- 〜」。



Art Editions Yayoi Kusama

Art Editions Yayoi Kusama Design:Yayoi Kusama




ほか、タカラトミー社とのコラボレーションによる“au x TRANSFORMERS PROJECT”で開発中のINFOBAR型トランスフォーマーの展示もあり。


それぞれのデザインが当時なぜ人々に受け入れられてきたのか、その背景とともに学んでみては。



■開催情報



「ケータイの形態学 展 ー The morphology of mobile phones ー」



開催日/2017年7月21日(金)〜31日(月)

開催時間/11:00〜20:00※最終日は17:00まで

会場名/GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F)

定休日/なし



au Design project 公式サイト



【本件に関するお問い合わせ】



GOOD DESIGN Marunouchi

電話:03-6273-4414

E-MAIL:gdm@g-mark.org