安西慎太郎と辻本祐樹がダブル主演を務める「ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭」(通称:る年祭)が、12月28日(木)から明治座にて上演することが決定した。


同公演は、2011年より、演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、上演を続けてきた舞台。



このシリーズでは忠臣蔵・源義経・阿弖流為…など、歴史的にも有名な人物や物語を小劇場・ミュージカル・映像など様々な畑から“つわもの”俳優たちが集結し、笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの歴史エンターテイメントを上演。舞台上でそれぞれの代表作や特技を持ちネタ化したようなパロディなども披露される。



第1部では芝居、そして第2部ではオリジナルユニットによるショーの2部構成となっている。



今年の第1部の演目は『SANADAMA・る』。この、る年祭版では、真田幸村及び真田十勇士たちが戦う「大坂夏の陣」を、仙台藩伊達氏家臣の片倉重長と隻眼の仙台藩藩主、伊達政宗目線で送る。



同作出演にあたり、安西は「まずこの年末シリーズに出演できることが嬉しいです。そして辻本さんと共に主演をやらせて頂けて光栄です。年末ということで、1年の締めくくりにふさわしい色々な意味で面白く、お客様の心が踊る作品をカンパニー一丸となり作っていきます」と意気込みを語っている。



また、安西と共に主演を務める辻本は「長年の夢でもあった明治座さんでの主演を務める事が出来、本当に嬉しく思っています!」と喜びをコメント。



また、「このシリーズの僕のイメージは、『真剣なお祭り舞台』。キャストの方々の個性が100%ぶつかって成り立つ舞台!新しいキャストとの絡みもすごく楽しみで、早く稽古がしたいです! 見に来てくれる皆さんと一緒に笑い、感動出来る舞台にします! どうか明治座にお気軽にお越しください!」とアピールしている。