株式会社芸文社が、パンの魅力を発信するパンのシリーズ本を発刊。その第1弾として『カレーパンバイブル』が発売された。



カレーパンの魅力が隅々まで! 知るほど虜になるカレーパンの世界





イメージ画像




本 内容1




本 内容2





紹介されているカレーパンを写真でもっと見る



本書は、株式会社カレー総合研究所の代表でカレー大學学長である井上岳久氏が、北は北海道から南は九州まで、ベーカリーやホテル、ベーカリーチェーン、コンビニなどのカレーパンを食べ歩き、読者に知ってほしいものを集めたバイブル本。ポピュラーな揚げカレーパンだけでなく、焼きカレーパン、卵や乳製品を使わない白カレーパンなども掲載。形状では、丸形、ラグビーボール型、サイコロ型、スティック型、ドッグ型(サンド型)などがあり、見るだけでも楽しめる。



また、油やカロリーが気になる人、自分で作ってみたい人向けに、家で手軽にできるカレーパンの作り方も紹介。自分でカレーの香辛料を工夫したり、トッピングを変えてみることで、家族でも話題となるカレーパンを作れる。



ほか、ミスタードーナッツやスティックカレーパンの誕生秘話などの掲載もあり。


見ていると、味を確かめてみたくなるものばかり。本書を参考に、子どもも大人も楽しみながらカレーパンの旅に出かけてみては。



この本を購入する



■書籍情報



『知れば知るほど面白い!!カレーパンバイブル』



発売日/2017年7月18日(火)

値段/1,000円(税込)



芸文社 公式サイト