日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに案内していく『マツコの知らない世界』。毎回、個性あふれるスペシャリストたちがマツコに驚きの世界を紹介していく人気バラエティ番組だ。



2017年7月25日(火)の放送では、夏の風物詩でもある“お化け屋敷”を取り上げる。お化け屋敷のプロデューサーである五味弘文さんが登場し、「美しいから怖いお化け屋敷の世界」へと誘う。ここではそんなお化け屋敷を愛してやまない彼の著書を紹介したい。



五味弘文さんが誘う、恐ろしくも美しいお化け屋敷の世界



今回お化け屋敷の世界を語るのは、70種類以上のお化け屋敷をプロデュースし続けてきた五味弘文さん。綺麗だけど怖い、お化け屋敷の人形の魅力を、実物を見ながらレクチャーする。さらに、お化け屋敷のトレンドや人気を集めるお化け屋敷の人形を愛情たっぷりに語り尽くす。恐怖の原理を知れば、お化け屋敷をもっと楽しめるはず。



敏腕“お化け屋敷プロデューサー”が手掛けたゾクゾクする本3選



日本の夏には欠かせない、お化け屋敷。人はなぜ“恐怖”を感じながらもお化け屋敷に惹かれてしまうのか。五味さんの著書では、ヒットメーカーならでは視点で、お化け屋敷の裏側を徹底解説している。さらには、恐怖の原理について知り尽くした彼だからこそ描ける長編ホラー小説も。そんなお化け屋敷のプロが手掛けた珠玉の3冊を紹介する。










仕掛け人が解き明かす恐怖の法則とは?



『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー 刊)




「赤ちゃんを抱いて入る」「手錠でつながれる」など革新的なお化け屋敷をつくり続けてきた五味弘文さん。そんなヒットメーカーが実践に基づいた“恐怖の法則”初めて解き明かす。



作品詳細・レビューを見る









ビジネスとしてのお化け屋敷論



『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(KADOKAWA 刊)




「恐怖」を売り物とする、お化け屋敷。そのプロデューサーとはどんなことを考えて、ビジネスを成立させているのか。「楽しいお化け屋敷を作りたい」と話す著者が独自の理論を語る。



作品詳細・レビューを見る









お化け屋敷の作り手による初のホラー小説



『憑き歯-密七号の家-』(幻冬舎 刊)




お化け屋敷プロデューサーが描く長編小説。郷土史資料館に赴任した笹川は、この街に度々起こる凄惨な事件に隠された「黒い歯」と「憑きもの」の秘密を知ってしまい……。



作品詳細・レビューを見る




仕掛け人が語る、恐怖が生み出されるお化け屋敷の裏側。その魅力を知ってしまったら、あなたも憑かれて迷い込んでしまうかも……。



■番組情報



「マツコの知らない世界」



放送日/2017年7月25日(火)

放送時間/20:57〜



公式サイト