夏といえばフェス!ってなわけで、海外はもちろん日本でもすっかり定着した今日この頃ですが、今回は数々の名演を生み出した伝説のロックフェスを紹介してみますので、ひとつヨロシクお願いいたします!


(Jimmy'Z)

モンタレ―・ポップ・フェスティバル(1967年)


67年6月、ヒッピー・ムーブメント真っ只中のカリフォルニアで開催され3日間で約20万人を動員、後のウッドストックやワイト島の先駆けとなった初の本格的ロックフェス。当時無名だったジャニス・ジョプリンが知名度と人気を上げ、ザ・フーの楽器破壊やオーティス・レディングの圧倒的なパフォーマンスも印象的ですが、最大の主役は何といってもギターに火をつけ暴れまくるジミ・ヘンドリックス!


元の記事の動画を観る









ライヴ・アット・モンタレー


演奏者
ジミ・ヘンドリックス

 作品詳細・レビューを見る 




ウッドストック・フェスティバル(1969年)


69年8月15〜17日の3日間で約40万人以上が集まった、60年代を象徴する伝説的ロックフェス。デビュー間もないサンタナ、ギターを放り投げるザ・フー、全身全霊で唄いまくるジョー・コッカ―、アメリカ国歌を弾きまくるジミヘンなど数々の名演はドキュメンタリー映画やサントラ盤で是非体験してみてください。漆黒のモミアゲ大王、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの映像をどうぞ!


元の記事の動画を観る







ウッドストック



ウッドストック


演奏者
オムニバス

 作品詳細・レビューを見る 




ワイト島フェスティバル(1970年)


後のロック・シーンを牽引する若手アーティスト達(フリー、テイスト、EL&Pなど)や、ジミヘン、ドアーズ、マイルス・デイヴィスなどベテラン勢らが印象的なパフォーマンスを繰り広げ、各アーティストの単独映像作品も残されている中で、ダントツの名演ぶりを発揮したのがザ・フー。自身のキャリアの中でもベストと言い切るのも納得の凄まじいステージは、まさに本フェスのハイライト!


元の記事の動画を観る







ワイト島ライヴ1970



ワイト島ライヴ1970


演奏者
ザ・フー

 作品詳細・レビューを見る 




まさにディープ・パープルの独壇場!


イーグルス、EW&F、ブラック・サバスらが出演した74年カリフォルニアで開催されたフェスのハイライトとして伝説のパフォーマンスを繰り広げたディープ・パープル!テレビカメラにギターを打ちつけマーシャル・アンプを爆破、破壊したストラトキャスターを客席に放り投げるリッチー・ブラックモアの狼藉ぶりのおかげで、次に出演したトリのEL&Pがすっかり喰われてしまいました・・・。


元の記事の動画を観る







カリフォルニア・ジャム1974



カリフォルニア・ジャム1974


演奏者
ディープ・パープル

 作品詳細・レビューを見る 




日本のロックフェスの先駆け!ワン・ステップ・フェスティバル(74年)


74年福島県郡山市で開催された日本初の本格的ロックフェスティバル。キャロル、外道、四人囃子、クリエイションなど今や日本のロック・レジェンドと言える錚々たるメンツに加え、ソロシンガーとして人気絶頂のジュリーこと沢田研二やベテランかまやつひろし、海外ゲストのオノ・ヨーコさんら多彩な顔ぶれがそろったのは、このフェスを企画した内田裕也さんの熱意の賜物ですね!


元の記事の動画を観る







ONE STEP FESTIVAL



ONE STEP FESTIVAL


演奏者
オムニバス

 作品詳細・レビューを見る 




さらばコージー・パウエル!


イギリス、キャッスル・ドニントンにて開催されたHR/HMの祭典、モンスターズ・オブ・ロックの第一回目(80年)。スコ―ピオンズ、ジューダス・プリーストらに続きトリを飾ったのがレインボー。既に脱退を決めたドラマー、コージー・パウエルの最後の舞台をグラハム・ボネットらメンバーたちの熱演が盛り上げます。


元の記事の動画を観る







モンスターズ・オブ・ロック



モンスターズ・オブ・ロック


演奏者
レインボー

 作品詳細・レビューを見る