「資生堂パーラー 銀座本店」(東京・銀座)にて夏恒例の「夏のGINZAカリーフェア」が2017年8月31日(木)まで開催中。定番のカレーライス3種に加え限定カレーメニュー3種が登場し、全6種類を味わえる。



伝統のソースに厳選素材を組み合わせた特別なメニュー





「岩手県産いわい鶏モモ肉のカリー ガーリックライスと共に」2,900円(税込み)

「岩手県産いわい鶏モモ肉のカリー ガーリックライスと共に」2,900円(税込み)





「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」5,000円(税込み)

「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」5,000円(税込み)






フェアの期間中には伝統のカレーソースをアレンジし、厳選素材を組み合わせたこだわりの特別メニューが登場。歴代シェフに継承される調理法をベースに、魚介、チキン、ビーフなどの美味しさを活かした新作だ。



「オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて」は、軽くソテーをすることで香りと甘みを引き立たせたオマール海老と帆立貝を、甲殻類のうまみとココナッツの香るカレーソースに合わせた。魚介と相性の良いサフランライスが見た目からも食欲をそそり、夏を感じるちょっと贅沢なカレーライスに仕上がっている。



甘味とコクが特長の岩手県産「いわい鶏」を主役に、皮はパリッと中はジューシーに焼き上げた「岩手県産いわい鶏モモ肉のカリー ガーリックライスと共に」。伝統の味わいにさらにスパイスを効かせたカレーソースと風味豊かなガーリックライスが美味しさを引き立てる。



「和牛三枚肉のプレミアムカリーライス」は、きめ細かいさしの入った霜降りの和牛三枚肉を贅沢に使用。そのなかでも特別やわらかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込んでいる。とろけるような牛肉と玉ねぎの甘味を感じるカレーソースとの組み合わせが相性抜群だ。



さらに、資生堂パーラー 日本橋髙島屋店、横浜髙島屋店、横浜そごう店、名古屋店でも「夏のカレーフェア」を7月31日(月)まで開催している。スペシャルな各店共通メニュー1品と店舗ごとのオリジナルメニューを楽しめる。



香ばしさと深いコクが食欲をそそる資生堂パーラーのカレーライスで暑い夏を元気に乗り切ってみては。



■開催情報



「夏のGINZAカリーフェア」



日程/2017年7月25日(火)〜8月31日(木)

会場/資生堂パーラー 銀座本店(東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階)

営業時間/11:30〜21:30 (20:30LO)

定休日/月曜日(祝日の場合は営業)※8月14日(月)は臨時営業



公式サイト