湘南・鎌倉を舞台にした、劇場長編アニメーション映画『きみの声をとどけたい』と、映画に登場する龍口寺の「龍の口 竹灯籠」の連動企画として、2017年8月5日(土)・6日(日)の2日間、江ノ島駅と腰越駅から龍口寺に続く商店街にオリジナルデザインの竹灯籠が設置される。



夏の夕暮れを彩る、江ノ電×商店街×竹灯籠のコラボ



アニメ映画『きみの声をとどけたい』




神奈川・藤沢市にある龍口寺で毎年行われている「龍の口 竹灯籠」は、龍口寺の仁王門から、五重塔に至るまで約5,000基の「竹灯籠」が並べられ、参詣者の先祖や、亡くなられた方の供養またはお願いごとなどの祈願が行われるもの。



本企画は、映画『きみの声をとどけたい』に登場する「龍の口 竹灯籠」の開催期間に、同じく映画の舞台となった、龍口寺から続く商店街にも竹灯籠のあたたかい灯りを灯し、街の活性化につなげていくことを目的に実施される。



オリジナルデザインの竹灯籠約150本は、映画にちなみ、「コトダマ」をイメージしたもの。鎌倉高校の生徒とともに一つひとつ心を込めて製作されている。設置されるのは、江ノ島駅と腰越駅から龍口寺に続く商店街で、商店街の中を江ノ島電鉄の車両が走る区間も含む。中には、映画のストーリーにちなみ、叶えたい想いを「コトダマメッセージ」として募集し集まった30名の「コトダマメッセージ」が刻まれた、世界で一つだけの竹灯籠もあり。 このほか、龍口寺境内および腰越駅へと続く商店街の中に、竹灯籠で作られたアーチのオブジェも登場。あたたかい灯りの中を走る江ノ電の姿は、江ノ電ファンのみならず必見だ。



5,000基の竹灯籠が並ぶ壮大な景色とともに、エリア一帯の幻想的な風景を楽しもう。







竹灯籠は私有地に設置される。

※竹灯籠設置イメージ。竹灯籠は私有地に設置される。






龍口寺の仁王門から、五重塔まで約5,000基の「竹灯籠」が並べられる。






■開催情報



映画『きみの声をとどけたい』コラボ「龍の口 竹灯籠」



開催日/2017年8月5日(土)・6日(日)

開催時間/18:00〜21:00※点灯時間

会場名/龍口寺から続く商店街(江ノ島電鉄線 江ノ島駅〜腰越駅間)

定休日/なし※雨天・荒天の場合は中止となる場合あり



『きみの声をとどけたい』 公式サイト