言葉遊びやリズミカルな会話劇とともに、読者を想像だにしない結末へと誘う作家・西尾維新さん。唯一無二の世界を作り上げ、常に注目を集める存在となった彼の作家業15周年を記念した「西尾維新大辞展」が、7月27日(木)より開催される。



決め台詞や映像化された作品の名場面の紹介など、西尾維新ワールドの魅力をたっぷりと堪能できる本展覧会。多作・速筆としても知られる西尾さんだけに、並んだ作品群は合計100冊を超えるが、これにはご本人も「こんなに書いてきたんだ……」と驚きの一言。



ロングインタビューで、その感慨とともに作家業を振り返ってもらうと、15年の間に起きた“3つの革命”。そして言葉遊びの意外な発想のきっかけ、前進し続けるパワーの源までが明らかとなった。






「西尾維新大辞展」






「西尾維新大辞展」は15年を振り返る機会「とてもありがたかった」



――西尾さんの15年の軌跡を紹介する展覧会となります。ご自身にとっては、どんな機会となりましたか?



これまでいろいろやらせてもらって、自分の15年を把握することがちょっと難しくなってきて(笑)。今回、こうしてまとめて振り返らせていただくことができて、作者としてもとてもありがたかったです。年表まで作っていただいて、「ああ、そうだった」と思い出すことも多くて。覚えているつもりでも、意外と忘れているものですね。例えば「<物語>シリーズ」は、新刊が出て23冊目になりますが、「タイトルと順番を正確に言えますか?」と訊かれたら、「もちろん全部言えますよ」と答えつつも、軽く覚悟が必要だったりして……。




「西尾維新大辞展」年表







「西尾維新大辞展」<物語>シリーズ






――並んだ作品群を見ると、驚くほどの量ですね。



こんなに書いてきたんだ……。意外と働いているなと思いました。すごく長い間作家でいることができたなという感覚はあって。こんなに長い間、続けさせてもらえたんだという思いです。やはり一人で書いていたら、こうは続かないですからね。支えてくださったみなさんのおかげです。



――「戯言シリーズ」「<物語>シリーズ」「忘却探偵シリーズ」の3パターンの音声ガイドも、西尾さんが脚本を書かれたとのこと。ファンにとってはたまらない企画となります。



展覧会を開いていただけるのですから、できる限りの協力をしたいと思っていました。書き下ろしのコラムや執筆スタイルの再現展示もありますが、なにせ音声ガイドについてはまったくの門外漢だったので、まずは音声ガイドとはどういうものなのかを教えてもらうところから始めました。





「忘却探偵シリーズ」より掟上今日子

「忘却探偵シリーズ」より掟上今日子





「戯言シリーズ」より戯言遣いと玖渚友

「戯言シリーズ」より戯言遣いと玖渚友





「<物語>シリーズ」より戦場ヶ原ひたぎ

「<物語>シリーズ」より戦場ヶ原ひたぎ






「戯言シリーズ」の玖渚友と戯言遣いの会話は、10年以上ぶりくらいに書きましたね。懐かしすぎる……。一番難しかったのは、意外と「<物語>シリーズ」の音声ガイド。阿良々木くんと忍に真面目に解説をさせなければいけない(笑)。この人たちに真面目にやらせるのにはかなりの新しさがあり、アニメの副音声とはまた違ったものができたなと思っています。また、入場特典として配られるFANDAカードの脚本も書いています。6通りのカードがあって、それぞれのカードのキャラクターから電話がかかってくるそうです。新しいチャレンジができて、僕自身、とても楽しかったです。



個性あふれる魅力的なキャラクター勢。生み出す秘訣とは?



――それもすべて、キャラクターが魅力的だからこそ、成立する企画だと思います。



今回、全作を振り返るときに、キャラクターもたくさんいるなと確かに感じました。キャラクターの共通点を探す作業が楽しかったですね。「<物語>シリーズ」で臥煙伊豆湖さんという、怪異の専門家の一番上の人で「なんでも知っているおねーさん」がいますが、振り返ってみると、「戯言シリーズ」にも姫菜真姫という「なんでも知っている占い師」がいて。じゃあ、『刀語』はどうだろうと思うと、あの否定姫がいたり。どのシリーズにも、「なんでも知っているおねーさん」がいるんだなと見つかったりして面白かったです。一見関係のなさそうな(「人間シリーズ」の)零崎双識と(「<物語>シリーズ」の)戦場ヶ原ひたぎのように文房具を武器にしているキャラクター同士がいたり。僕がキャラクターを書くときのクセみたいなものが、見えたりもしました。





「<物語>シリーズ」

「<物語>シリーズ」





『刀語』

『刀語』





「戯言シリーズ」

「戯言シリーズ」





「人間シリーズ」

「人間シリーズ」






――それでは特に、「こういう人を書こう」とテーマにしているわけではないんですね?



そうなんです。どのシリーズでも「なんでも知っているおねーさんを必ず出そう」と思っているわけではないのに、なぜかつながっている。まったくそこを意識したわけではなくとも、しかも「それがどうした」みたいな(笑)、キャラクター同士の共通点があった。キャラクターを書くときは、別のシリーズやキャラクターを意識せず、目の前の一人に集中して書いているからでしょうか。



ただいつも、キャラクター一人一人をしっかりと立てようという思いで書いています。デビュー作の『クビキリサイクル』の頃からその思いは同じです。『クビキリサイクル』は孤島で起きるミステリーですから、登場人物をたくさん出したいと思っていました。でも殺されるためだけに出てくるキャラクターや、容疑者が誰かをわからなくする目くらましのためだけのキャラクターを書くのはやめようと。誰もが主役級になれるくらいのキャラクターを書こうというのは、デビュー当時から思っていたことです。





『クビキリサイクル』

『クビキリサイクル』






――確かに、誰もが過去や背景までが気になるキャラクターばかりです。個性を際立たせる秘訣はあるのでしょうか。



ひとりのキャラクターを完全に確立させたら、その対となるキャラクターを考えるようにしています。「戯言シリーズ」なら、玖渚友と戯言遣いはパートナーですが、同時に対となるようにキャラクター性を持たせています。同じように、戯言遣いと零崎人識。さらに零崎人識を作ったら、対照的な兄の関係というように、一人ずつ裏返してみたり、違いを出す形のキャラクターを作っていく。



――誰かとの関係性でキャラクターができていくのですね。



まさにその通りです。話す相手が誰かによって、キャラクターの性格は変わってきたりしますから。例えば「<物語>シリーズ」のセカンドシーズン。語り部が変われば、語り部に対するそれぞれのキャラクターもそれまでとは違うように見えたり、個々のセリフの受け取り方が変わったりするといいなと思っていました。



――キャラクターの名前もとても特徴的で、それぞれの背景や個性が浮かび上がるような名前です。先に、キャラクター名を決めておくのでしょうか?





「西尾維新大辞展」分布

「西尾維新大辞展」分布






キャラクターの性格を考えてから名前をつけることもあれば、名前を考えてからキャラクターを作ることもあります。ただどちらかというと、先に名前を考えておく方があとが楽ではあります。キャラクターの性格が決まってから名前をつけるのは結構、大変で……。「伝説シリーズ」では、本名とは別に魔法少女としての名前を考えなければいけなかった。正直、すぐ死ぬのにな……というキャラクターもいる(笑)。でもすぐ死ぬからこそ、ちゃんとつけたい。「すぐ死ぬキャラだから、適当に名前をつけたんだ」と思われたらおしまいですから。



次へ続く⇒【西尾維新インタビュー:後編】多作の原動力は“3つの革命”。終わりは決めない。自分も終わりを見たいから書く。「西尾維新大辞展」開催記念



「西尾維新大辞展」の展示の様子やグッズをもっと見る




西尾維新(にしお・いしん)



1981年生まれ。天才が集められた孤島で起きた密室殺人を描くミステリー『クビキリサイクル』で第23回メフィスト賞を受賞、デビュー。同作に始まる「戯言シリーズ」のほか、監督・新房昭之、制作・シャフトによってアニメ化された『化物語』など、著作多数。驚異的な速筆で知られ、今もっとも活躍するクリエイターの一人。




(インタビュー・文:成田おりえ)



■開催情報



「西尾維新大辞展」



開催期間:2017年7月27日(木)〜8月21日(月)



<東京会場>

開催期間:7月27日(木)〜8月7日(月)

時間:10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで。最終日のみ17:00閉場)

会場:松屋銀座 8Fイベントスクエア(東京都中央区銀座3丁目6-1)



<大阪会場>

開催期間:8月9日(水)〜21日(月)

時間:10:00〜20:30(入場は閉場の30分前まで。最終日のみ18:00閉場)

会場:大丸心斎橋店 北館14Fイベントホール(大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目7-1)



料金(税込):東京・大阪会場ともに4種類の絵柄のチケットを期間ごとに用意。詳しくはチケット日程表を展覧会公式サイトからチェック

前売券/一般1,000円、高校生700円、中学生500円

グッズ付き3,000円

音声ガイド付き1,700円

グッズ+音声ガイド付き3,700円

当日券/一般1,300円、高校生700円、中学生500円

グッズ付き3,300円

音声ガイド付き2,000円

※グッズは「辞典型メモ帳」を予定しております

※入場口もぎりの際に前売券と引換えに絵柄付きチケットの半券をお渡しいたします

※グッズ付、音声ガイド付きは一般チケットのみとなり、ローソンチケット限定での販売となります

※グッズ付前売券/当日券のグッズは引換券と交換で会期中会場でお渡し致します。

なお、グッズ付前売券/当日券は、数量限定の為、完売する場合がございます。

また、グッズ付前売券が完売した場合はグッズ付当日券の販売はございません。

※小学生以下無料(大阪会場では小学生のみの単独入場ができません)

※音声ガイドは当日会場でもお買い求めいただけます(1台700円)



公式サイト



公式Twitter:@nisioisin_ex