GLAYが本日、7月31日、青海南臨時駐車場 J区画にてフリーライブを開催した。



7月10日に新宿バルト9で行われたアルバム先行試聴会で、緊急発表と題して「都内某所で何かが起こる」と告知がされると同時に、HP上で謎のカウントダウンがスタートし、本日カウントダウンが0になった瞬間にこのフリーライブの詳細が発表された。



7月31日は1999年に20万人が集まった伝説のライブ「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」を幕張で行った日。それ以降もこの日にライブが開催されることが多くメディアやファンからは「GLAYの日」と呼ばれるようになっていた。



そんななかでの今日のライブは、アルバム『SUMMERDELICS』の発売を記念して行われたもの。



会場には突然の発表にもかかわらず、なんと1万人ものファンが詰め掛けた(発表後Twitterでは「GLAYの日」がトレンドワード入りしていた)。



開演予定時刻が近づくとSEにあわせオーディエンスが自然に手拍子を始める。熱い空気が充満するなか、登場したメンバー。赤いエクステ(色は違うが1999年の幕張20万ライブを思い出してしまった!)をつけたHISASHIは水鉄砲を客席に向けて発射!



アコースティックギターを持ったTERUが「みんなありがとうね!楽しもうぜ!」と呼びかけ、ライブはニューアルバム『SUMMERDELICS』のなかから疾走感あふれる「the other end of the globe」で幕を開けた。鼓動のように高まっていくイントロがさらに会場を熱くする。1万人の歓声に応えるかのようにJIROは間奏で右手を空に向かって突き上げる。「いくぞー!一緒に!」TERUの声にあわせて、会場中が大合唱!

続く「Scoop」では、作曲者のJIROがアンプの上に乗り客席を見渡しながらベースを響かせる。



 

 




「みんな大丈夫?」炎天下のオーディエンスを気遣いながら、TERUは「1999年の20万人ライブから18年が経ち、こうやってまた野外でこの日にできるとは思いませんでしたけども本当に集まってくれたみんな、どうもありがとう!じゃあ99年のEXPOでも歌わせてもらいましたけど、あれから18年経っても色褪せることなく、より一層GLAYのファンのみんな、そしていろんな音楽ファンのみんなから愛情を注いでもらってすごく成長した曲です」と話し、名曲「HOWEVER」を演奏。その言葉どおり18年の間にたくさんの人のいろんな思いを受け止めてきたこのバラードが会場を優しく包んだ。



ステージの上は実は風が吹いていてやりやすいというHISASHIの言葉からTERUは18年前の幕張のステージもこんな感じだったと話し、「今日はびしょびしょになろうよ。ちょっと激しい曲いきますか。後ろのみんなにも届くようにいきますよ!」と「彼女の"Modern..."」に。この曲も20万人ライブのステージで演奏されたライブアンセム。会場中が一体となって拳を突き上げジャンプし、あの日の熱さを呼び戻した。



そしてGLAYの夏を彩る「微熱Agirlサマー」(Aは丸囲み)。夏のときめきと切なさが詰まったこの曲では、「HISASHI!」というTERUの声で、HISASHIがステージ前方に飛び出しギターソロを奏でた。



アルバム『SUMMERDELICS』は、メンバーそれぞれが手がけた曲が入った4人の個性が炸裂している作品。



この日のライブでは、それぞれが手がけた曲がアルバムのなかから1曲ずつ披露されたのだが、本編ラストはTAKUROの手による「XYZ」。どこまでも突き抜けていくような爽快なナンバーが夏の空に広がっていった。



「ありがとう!愛してるぜ!」TERUが叫ぶ。演奏を終えたメンバーは、心の底から楽しそうな笑顔を見せてステージを降りていく。JIROはステージを去る際、一番後ろからでも見えるように…だったのか(?)、はおっていた上着を脱ぐと、高く上げて大きく何度も振り回した。



 

 




アンコールでは、「今日のライブが赤羽か新宿らしいといううわさが流れていたらしい。みんなインターネットは信じちゃいけない(笑)」(HISASHI)、「今日、雨とか曇り予報だったんだけど、この人(=TERU)のおかげで(晴れた)(笑)。でも、まじで20万人ライブの幕張メッセ思い出すね。俺たちの後ろに太陽があって、みんながどんどん真っ赤になっていく(笑)。それがね、今は大変でしょうけど、いい思い出になっていくと思うから(笑)」(JIRO)と、いつものGLAYらしいトークで和ませた後は、“みんなに感謝を込めてと、こういう想いで一緒に生きていきましょう…という曲です”と、「生きてく強さ」を演奏。1万人がひとつになったこの曲でGLAYの日のフリーライブは幕を閉じた。



GLAYは9月23日から「GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”」と題した全国ツアーがスタート。MCでのTERUの言葉によると「アリーナツアーなのでいろいろ準備していることがある」らしいので期待して待ちたい。



また、9月20日には1997年にリリースされた名盤『BELOVED』が20年の時を経てAnthology盤としてリリースされる。





2017.7.31 セットリスト

M1.the other end of the globe



M2.Scoop



M3.HOWEVER



M4.彼女の"Modern..."



M5.微熱(A)girlサマー



M6.XYZ



M7/EN1.生きてく強さ



GLAY リリース情報




SUMMERDELICS








SUMMERDELICS



2017年7月12日発売



CD+2DVD盤:PCCN-00027 5,000円(税抜)

CD only盤:PCCN-00028 3,000円(税抜)



CD収録曲:

1.シン・ゾンビ(太鼓の達人タイアップソング)

2.微熱Agirlサマー(コンタクト専門店アイシティ 2015年夏のキャンペーンCMソング) 

3.XYZ(Red Bull Air Race Chiba 2017テーマソング) 

4.超音速デスティニー(テレビアニメ「クロムクロ」第2クールオープニングテーマ) 

5.ロングラン(北海道マラソンオフィシャルソング) 

6.the other end of the globe(MBS/TBSドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」主題歌・レコチョク2017年7月TVCMタイアップソング) 

7.デストピア(テレビアニメ「クロムクロ」第1クールオープニングテーマ) 

8.HEROES(テレビ東京系アニメ『ダイヤのA -SECOND SEASON-』オープニングテーマ・テレビ神奈川 第97回全国高等学校野球選手権神奈川大会中継テーマソング) 

9.SUMMERDELICS(TBS系テレビ「王様のブランチ」2017年7月度エンディングテーマ) 

10.空が青空であるために(テレビ東京系アニメ『ダイヤのA-SECOUND SEASON-』オープニングテーマ) 

11.Scoop(テレビ朝日系「お願いランキング」2016年1月度エンディングテーマ) 

12.聖者のいない町(BSテレビ局ディーライフ2017年10月新ドラマエンディング曲) 

13.Supernova Express 2017(JR北海道・北海道新幹線開業イメージソング) 

14.lifetime



DVDにはSingle Track Only Live @函館アリーナを収録



TSUTAYA 予約/購入特典

先着特典

ジャケットステッカー

※こちらの特典は、一部お取り扱いのない店舗もございます。






⇒作品紹介・レビューを読む






GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”



9/23(土・祝)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター



9/24(日)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター



9/30(土)大阪城ホール



10/1(日)大阪城ホール



10/7(土)宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ



10/8(日)宮城 / セキスイハイムスーパーアリーナ



10/21(土)広島グリーンアリーナ



10/22(日)広島グリーンアリーナ



10/25(水)東京/日本武道館



10/27(金)東京/日本武道館



10/28(土)東京/日本武道館



11/3(金・祝)北海道立総合体育センター 北海きたえーる



11/4(土)北海道立総合体育センター 北海きたえーる



11/11(土)神奈川/横浜アリーナ



11/12(日)神奈川/横浜アリーナ



11/15(水)大阪城ホール



11/16(木)大阪城ホール



11/25(土)マリンメッセ福岡



11/26(日)マリンメッセ福岡



12/9(土)さいたまスーパーアリーナ



12/10(日)さいたまスーパーアリーナ



12/16(土)愛知/日本ガイシホール



12/17(日)愛知/日本ガイシホール



2018年3月 台湾・台北アリーナ



※詳細は後日発表。





アリーナツアー特設サイト



http://glay.jp/summerdelics



※公演詳細&チケット発売情報は特設サイトで随時更新。





GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour“Journey without a map 2017”



11月21日(火)大阪・Zepp Namba 開場18:30/開演19:00 



11月30日(木)新潟・新潟LOTS  開場18:30/開演19:00



12月11日(月)東京・Zepp Tokyo 開場18:30/開演19:00



12月18日(月)愛知・Zepp Nagoya  開場18:30/開演19:00



12月21日(木)北海道・函館・金森ホール 開場17:30/開演18:00



12月27日(水)神奈川・Motion Blue yokohama <1st Stage> 開場16:00/開演17:15、<2nd Stage> 開場19:00/開演20:15



12月28日(木)神奈川・Motion Blue yokohama <1st Stage> 開場15:00/開演16:15、<2nd Stage> 開場18:00/開演19:15



http://www.glay.co.jp/live/#takuro2nd



◆GLAY オフィシャルサイト



◆GLAYの関連記事をもっと読む