>フォトギャラリーで写真をもっとみる



「好きな人がいること」「女子モドキ」など話題曲を発表し、関連動画再生回数が4000万回を超えるなど、ソロ活動1年半にして多くの注目を集めるJY(=知英)。



そんな彼女が2017年夏、気鋭のクリエイター陣を採用した配信シングルを2週連続で、8月9日と16日にリリースすることを発表した。



5月に1stアルバム『Many Faces〜多面性〜』のリリースを経て、彼女が第一弾シングルに選んだのは、BPM88のダンストラック「Goldmine」。



楽曲を手掛けたのはTwiceなどへのトラック提供でも話題のMayu WakisakaとHwang Hyun、Nopariによるクリエイターチーム。USトレンドを押さえたBPMと、爽快なメロディライン、自らをGoldmine(=金脈)に例えた歌詞が特徴的。彼女の「多面性」に更なる進化をもたらす一曲に仕上がっている。



 





 



また翌週にはテン年代を代表するトラックメイカーSeihoがリミックス手掛けた「好きな人がいること -Seiho Remix-」を連続リリース。2016年の夏スマッシュヒットを記録し、YouTubeの再生回数が2900万回を超える彼女の代表曲「好きな人がいること」の景色がガラッと変わるリミックスワークは、夏のアンセムになること間違いない。



これまでのJY像を刷新する新ビジュアルは、世界的に活躍するファッション・フォトグラファー新田桂一撮りおろしによるもの。多くの著名人を撮影した彼だからこそ引き出せる、JYの表情にも注目が集まる。



リリースの発表と同時に公開された新曲「Goldmine」のミュージックビデオは「DOTMOV 2016」に特別招待作品として招聘されるなど、話題を集める気鋭の映像作家・PATANICAが担当。雨上がりの都内で撮影された映像を、巧みなグラフィックと共に展開する作品となっている。



多くのクリエイター達とタッグを組み生み出された作品群を前に、今後の彼女の飛躍に期待が高まる。



合わせて、5月に開催された彼女初となるソロツアー『JY 1st LIVE TOUR “Many Faces 2017”」が9月27日にブルーレイディスクにてリリースされることも8月2日(水)に発表。



初回生産限定盤にはスペシャルフォトカードセットや、実際にツアーで使用されたものと同デザインのラミネート加工スタッフパスなどが収録予定。詳しい商品詳細は追って発表される。



JY オフィシャルウェブサイト:https://jiyoung.jp/