2017年4月にリニューアルオープンした「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」(山口・野中)が、2017年9月15日(金)〜11月5日(日)の期間のみ夜間開場し、「チームラボ 宇部市ときわ公園 2017 グラフィティ ネイチャー - 世界を旅する植物に住まう生き物たち」を展示する。入場料は、一般500円、高校生以下無料(小学生以下保護者同伴)。



来場者の動きにも影響される、生態系の移り変わりを表現



本イベントは、8月31日(金)までときわ公園で展示中の「呼応する森と彫刻」に続く、「チームラボ 宇部市ときわ公園 2017」の第二弾展覧会。期間中は、普段は夕方に閉まる植物館が特別に夜間も開場され、昼とはまったく違う表情の夜の植物館を楽しめる。



展示される作品「グラフィティ ネイチャー - 世界を旅する植物に住まう生き物たち」は、人々が描いた様々な生きものたちによって、創られていくひとつの生態系を表現したもの。世界中の植物が集まる植物館とその植物に、来場者が描いた様々な生きものたちが住むという参加型の作品だ。描いて生まれた生きものは、他の生きものを食べると、増えていく。そして、蝶は、花がある場所で増える。生きものたちは、他の生きものに食べられたり、他の生きものをしばらく食べることができないと死んでいなくなる。そしてワニは、人々にたくさん踏まれると死ぬ。花は、人々がじっとしているとたくさん咲き、人々が踏んで歩き回ると散っていく。生きものたちは、互いに影響を受けながら、共に同じひとつの生態系をつくっていくのだ。



次々に変化していく生態系は、その瞬間ならではのもの。自分もアートの一部となる、その時にしか見られない作品を感じに出掛けてみては。



■開催情報



「チームラボ 宇部市ときわ公園 2017 グラフィティ ネイチャー - 世界を旅する植物に住まう生き物たち」



開催日/2017年9月15日(金)〜11月5日(日)

開催時間/19:00〜22:00

会場名/ときわミュージアム 世界を旅する植物館(山口県宇部市野中3-4-29)

定休日/なし



公式サイト