一時のブームは沈静化したものの、次々と新しいアーティストやグループが登場するK-POP界。練り込まれた楽曲やダンスは世界レベルで見てもかなり高次元だ。K-POPブームの土台を築き上げたとも言えるアーティスト達を振り返ってみよう。


(TSUTAYA音楽バイヤー)

美脚とダンスで人気者に!


美脚を活かしたキレのあるダンスと洋楽テイストの楽曲で根強い人気を誇る少女時代のベスト。日本デビューを飾った「GENIE」、ミュージックビデオが話題になった「Gee」、初の日本オリジナル楽曲「MR.TAXI」など2014年までの全シングルを収録。


元の記事の動画を観る









THE BEST


演奏者
少女時代

 作品詳細・レビューを見る 




世界でも人気!


2014年にBIGBANGの日本デビュー5周年を記念して発表されたベスト・アルバム。日本デビュー曲「MY HEAVEN」からアルバム『ALIVE -MONSTER EDITION-』までの日本語楽曲を中心に、各メンバーのソロ楽曲や韓国初期の代表楽曲をも網羅。


元の記事の動画を観る







THE BEST OF BIGBANG 2006



THE BEST OF BIGBANG 2006


演奏者
BIGBANG

 作品詳細・レビューを見る 




日本でも精力的に活動!


2015年リリースの「Sing Your Song」がオリコンデイリーランキングで1位を獲得するなど勢いを増す彼らの日本オリジナル・アルバム。ヒットシングルはもちろん、韓国でリリースされたアルバムのタイトルナンバー「View」の日本語ヴァージョンなども収録。


元の記事の動画を観る







D×D×D



D×D×D


演奏者
SHINee

 作品詳細・レビューを見る 




魅惑的な歌とダンスで一世を風靡!


事実上解散状態にあるが、メンバーそれぞれが活躍を続けるKARAのベスト・アルバム。日本デビュー曲「ミスター」をはじめ、ヒット・シングル「ジェットコースターラブ」「GO GO サマー!」など、KARAの軌跡が凝縮されている。


元の記事の動画を観る







BEST GIRLS



BEST GIRLS


演奏者
KARA

 作品詳細・レビューを見る 




総勢10名以上の大所帯グループ!


韓国の男性アイドル・グループ、SUPER JUNIORの日本ファースト・アルバム。日本第一弾シングル「美人(BONAMANA)」、サード・シングル「Opera」等のシングルに加え、本作用に書き下ろした日本オリジナル楽曲を多数収録した、ベスト盤とも言える内容。総勢10名以上の大所帯グループだが、入隊/除隊の入れ替わりが毎年のようにあるため、メンバー全員が揃うのはまだ先になりそうだ。


元の記事の動画を観る







Hero



Hero


演奏者
SUPER JUNIOR

 作品詳細・レビューを見る 




メンバー全員の身長180cm超え!


日本でも精力的な活動を行なってきた超新星。本作は2011年発売のベスト盤。日本デビュー曲「キミだけをずっと」をはじめ、韓国ではコンピレーション盤のみの収録ありながら、ファンによるランキングで1位となった「SUPERSTAR」オリジナル・ヴァージョンも収録。


元の記事の動画を観る







SUPERNOVA BEST



SUPERNOVA BEST


演奏者
超新星

 作品詳細・レビューを見る 




クレイジーでセクシーなロック!


2011年にアーティストとして発表されたチャン・グンソク初のオリジナル・フルアルバム。タイトルどおりそこに広がるのは、他の追随を許さないまさに彼の“Crazy World“だ。


元の記事の動画を観る







Just Crazy



Just Crazy


演奏者
チャン・グンソク

 作品詳細・レビューを見る 




2人組になっても進化し続ける!


前作『TIME』以来約1年のインターバルで発表された、2014年リリースのオリジナル・アルバム。海外アーティスト初の日産スタジアム公演開催を成功させるなど、進化し続ける彼らのヒット曲を満載した充実作だ。


元の記事の動画を観る







TREE



TREE


演奏者
東方神起

 作品詳細・レビューを見る 




集大成ベスト!


J-POPシーンで活躍する韓国出身アーティストの先駆者の1人として駆け抜けてきた彼の集大成とも言えるベスト。デビュー曲「over...」からの軌跡をたどることができる。Kの第1章を締めくくるにふさわしい、親愛なるファンに向けた1枚だ。


元の記事の動画を観る







K-BEST



K-BEST


演奏者
K

 作品詳細・レビューを見る 




K-POPブームの先駆け!


イタリア語で“勇敢な、潔い”を意味するタイトルのとおり、哀愁を帯びたヴォーカルと切れ味鋭いダンスが冴えるBoA。本作は2003年にリリースの2作目。タイトル曲をはじめ、ダンス・チューンからクールなR&Bやバラードをまで実力が如何なく発揮されている。


元の記事の動画を観る







VALENTI



VALENTI


演奏者
BoA

 作品詳細・レビューを見る