8月25日(金)〜8月27日(日)の3日間、山梨県の山中湖で開催されるSLS 2017の出演アーティストをご紹介いたします。3日目となる8月27日(日)は、大トリにゆずが登場!フェスの予習・復習に必須のプレイリストです!他の日程はコチラから→


(a_fuji)

カッコよくて色気もある


2013 年1月結成。ROCK、JAZZ、HIP HOP などブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。メンバー全員が神奈川育ちで、都内ライブハウスや神奈川・湘南のイベントを中心に活動中。バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。 昨年のCM起用からブレイクし、その人気は右肩上がりに上昇中!


元の記事の動画を観る









THE KIDS


演奏者
Suchmos

 作品詳細・レビューを見る 




美しいメロディとパワフルなバンドサウンド


2007年より本格始動した4人組ロックバンド。その人気はとどまるところを知らず、国内外を含むリリースツアーは全てソールドアウト!SLSには今年で7年連続出演となる常連。TVドラマやCM、映画など多岐にわたる楽曲提供を行い、幅広い層に支持されている彼ら。日本を代表するロックバンドとしてシーンの中心となる彼らのライブは見逃せない。


元の記事の動画を観る







EXIST!



EXIST!


演奏者
[Alexandros]

 作品詳細・レビューを見る 




感情むき出しのパフォーマンス


2001年結成され、2009年に現メンバーで活動を開始。映画主題歌やCMソングなど、多数の人気曲を世に送り出している彼らはJロックアーティストの中でも抜群の人気を誇る。SLSは今年で5度目の出演となる。今年も山中湖畔でオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んでくれるだろう。


元の記事の動画を観る







イト



イト


演奏者
クリープハイプ

 作品詳細・レビューを見る 




音へのこだわりと等身大の歌詞が魅力


2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動を開始し、2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入後、現体制の5人組になる。2015年発売の1stアルバム『YASHINOKIHOUSE』、2016年発売の2nd アルバム『fam fam』はいずれも「CDショップ大賞」にノミネートされロングセラー。土着的な日本の歌のDNAを残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、等身大の歌詞が多くの共感を呼んでいる。


元の記事の動画を観る







A GOOD TIME



A GOOD TIME


演奏者
never young beach

 作品詳細・レビューを見る 




「Japanese R&B」のパイオニア


1986年のデビュー以来、独自の音楽スタイルと卓越した歌唱力、リズム感、作品力で大きな支持を得る。国内では15作、米国を中心とする海外で3作のアルバムを発表。どの作品も普遍性を持ちながら、時代を的確に掴み、確実にファンの期待に応えている。当時から現在に至るまで、その音楽性にブレはなく、「Japanese R&B」のパイオニアと呼ばれるレジェンド!


元の記事の動画を観る







THE BADDEST〜Collaboration〜



THE BADDEST〜Collaboration〜


演奏者
久保田利伸

 作品詳細・レビューを見る 




無敵のライブモンスター


今年メジャーデビュー20周年を迎え、一段と強度を増した鉄壁のDragon Ashサウンド。2015年の初ソロアルバムを経て、さまざまな音楽遍歴を積み重ねたKjが20年のキャリアで培った、優しさと強さをあわせもつ比類なきリリック、そしてメロディー。それらがダイナミックに、そして緻密に混ざり合うことで、観客を魅了するモンスターバンド!


元の記事の動画を観る







MAJESTIC



MAJESTIC


演奏者
Dragon Ash

 作品詳細・レビューを見る 




稲穂が揺れる面白すぎるライブ


SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとして活躍した、池田貴史によるソロユニット。デビュー当時からアフロヘアがトレードマークで、プレイヤーとしてはもちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテイナーぶりと、喋りのセンスも評価が高い。日本の歴史に造詣が深く、ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングが話題を呼んでいる。


元の記事の動画を観る







KATOKU



KATOKU


演奏者
レキシ

 作品詳細・レビューを見る 




新潟上越3ピースロックバンド


人に媚びずに、自分に奢らずに、好きな子には正直に。再放送なし、毎瞬更新のドキュメンタリーバンド。twitterのように自分の「今」を赤裸々に歌にしてしまうその言葉が多くの共感を集めている、大注目のバンドです!


元の記事の動画を観る







woman’s



woman’s


演奏者
My Hair is Bad

 作品詳細・レビューを見る 




川崎発!女子3ピースバンド


神奈川県川崎市出身のロック・バンド。メンバーは宮崎朝子(g、vo)、松岡彩(b)、吉川美冴貴(ds)の3名。2010年に川崎総合科学高校デザイン科軽音楽部で結成した“柳葉魚”が前身。抜群にキャッチーでキュンと胸に響く表情豊かなメロディと、シンプルなようでいて鋭いフックの効いたバンドアレンジからなる楽曲が観客の心をつかんで離さない。


元の記事の動画を観る







SHISHAMO 4



SHISHAMO 4


演奏者
SHISHAMO

 作品詳細・レビューを見る 




国内外問わず活躍中!


中学校からの同級生4人組で結成。その活動は日本だけにとどまらず、アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを廻ったアジアツアーなど、海外でのライヴも積極的に行っている。SLSは2011年以来3度目の出演。抜群の演奏力と、圧倒的な存在感を放つ彼らのライヴパフォーマンスをぜひその目で目撃してほしい!


元の記事の動画を観る







NO MORE MUSIC



NO MORE MUSIC


演奏者
OKAMOTO'S

 作品詳細・レビューを見る 




一度聴いたらクセになる


ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす男女2人組。新世代ロックユニットとして話題を集め、2014年メジャーデビュー。強烈なヴォーカルとブルージーで感情豊かなギターサウンドが特徴的。映画『ONE PIECE』の主題歌やCMソングなどで注目を集め、活躍の幅を広げている。


元の記事の動画を観る







BIZARRE CARNIVAL



BIZARRE CARNIVAL


演奏者
GLIM SPANKY

 作品詳細・レビューを見る 




彼の声はどんなシチュエーションにも心地よく入りこむ


ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持つ。印象的な、耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。


元の記事の動画を観る







ON THE ROAD



ON THE ROAD


演奏者
平井大

 作品詳細・レビューを見る 




唯一無二の存在


岩井俊二映画に出演、5年ぶりの全国ツアー完売、NHKドラマ主題歌に起用と、再び脚光を浴びる中、Cocco20周年記念作品となるベストアルバムがリリース。1997年、シングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを飾り、その後「強く儚い者たち」など数々の名曲を音楽シーンに残してきたCocco。音楽以外にも小説や絵本を描き、舞台や映画に出演するなど、表現の場を広げながら常に唯一無二の存在として活躍中。


元の記事の動画を観る







20周年リクエストベスト+レアトラックス



20周年リクエストベスト+レアトラックス


演奏者
Cocco

 作品詳細・レビューを見る 




3度目のワールドツアー決定


高校を卒業した2011年、中田ヤスタカプロデュースでメジャーデビュー。そのかわいい容姿からは想像がつかないほど自由奔放で、オリジナリティ溢れる表現でファンを魅了し続けている。アーティスト面とファッション面どちらからも注目を集めており、老若男女問わず、絶大な支持を得ている。


元の記事の動画を観る







KPP BEST



KPP BEST


演奏者
きゃりーぱみゅぱみゅ

 作品詳細・レビューを見る 




国民的ポップ・デュオ


1996年3月結成、神奈川県横浜市出身の北川悠仁と岩沢厚治によるフォーク・デュオ。横浜・伊勢佐木町で路上ライブを開始。共感できる歌詞とグッとくるメロディ、圧倒的な歌唱力、ユーモアたっぷりのMCなどが魅力。98年のシングル「夏色」で脚光を浴び、翌月の1stアルバム『ゆず一家』で一躍全国に名を広める。以降、数多くのヒット曲を連発し、国民的ポップ・デュオに成長した。


元の記事の動画を観る







ゆずイロハ 1997−2017



ゆずイロハ 1997−2017


演奏者
ゆず

 作品詳細・レビューを見る