夏休みラストを飾る、最高の3日間。毎年恒例のBIGな夏フェスが今年も開催決定しました!8月25日(金)〜8月27日(日)の3日間、山梨県の山中湖で開催されるSLS 2017の出演アーティストをご紹介いたします。フェスの予習・復習に必須のプレイリストです!他の日程はコチラから→


(a_fuji)

平成のパンクヒーローがここに


いま話題のバンドが日本中に旋風を巻き起こす。一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディと感情を揺さぶるどストレートな歌詞。また、力強さや哀愁感、ノリノリなものから激しいものまで、一曲一曲に癖があり、身体の奥底から欲してしまうほど中毒性に溢れています。最高にアツい彼らを目撃せよ!


元の記事の動画を観る









JUICE UP!!


演奏者
WANIMA

 作品詳細・レビューを見る 




まっすぐな人間臭さが最高にかっこいい


熊本発、エモーショナルギターロックバンド。LIVEでのパフォーマンスはまさに圧巻。観客に向けて語り・叫び続けるそのスタイルに誰もが心を揺れ動かされる。ドラマやアニメなど数々のタイアップを飾りながら着実に前に突き進む姿に、更なる期待が膨らみます。


元の記事の動画を観る







THE END



THE END


演奏者
BLUE ENCOUNT

 作品詳細・レビューを見る 




幸福感に溢れた幸せな時間をあなたに


パンクという枠に留まらないエモいメロディと金井政人(Vo/Gt)が紡ぎだす幻想的な歌詞が多くのリスナーを魅了します。BIGMAMAはROCKにしてROCKにあらず。バンドの垣根を越えて辿り着いたその先を体感してください。


元の記事の動画を観る







BESTMAMA



BESTMAMA


演奏者
BIGMAMA

 作品詳細・レビューを見る 




どこまでも突き抜けるハイトーンボイス


無数のメロディーラインがGEN(Vo、G)の透明感ある歌声をより際立たせます。POPなものから哀愁たっぷりなメロコアまでジャンルに囚われないその型は、無限の可能性を感じさせます。人それぞれ音楽には好き嫌いがありますが、自信をもって皆さんに聴いてもらいたいバンドです。


元の記事の動画を観る







eureka



eureka


演奏者
04 Limited Sazabys

 作品詳細・レビューを見る 




魅惑の低音ボーカルで人々を魅了


奈良にて結成された4人組ロックバンド。なんといっても注目すべきは、聴くものを虜にする魅惑の低音ボーカルを始めとした、独自の世界観を演出するバンドサウンド。最近ではMステ出演や武道館LIVEなど、破竹の勢いを見せている。


元の記事の動画を観る







UNOFFICIAL



UNOFFICIAL


演奏者
THE ORAL CIGARETTES

 作品詳細・レビューを見る 




首のタンバリンがトレードマーク


独特なリズムと世界観はまさに必聴。聴けば聴くほど好きになるスルメ曲が満載。また、ボーカルである稲村太佑さんのMCもファンの間では人気である。関西人なだけあってトークに必ずオチがあっておもしろいのでぜひアルカラというバンドを聴いてみて欲しい。


元の記事の動画を観る







KAGEKI



KAGEKI


演奏者
アルカラ

 作品詳細・レビューを見る 




デビュー30周年を迎え、いまもなお走り続ける


衝撃のデビューから現在まで、長きに渡りロックを体現してきたバンドといえば、もはや彼らを置いて他にいないだろう。カリスマ性あふれる存在感から醸し出されるバンドサウンドが織成す圧倒的なライブパフォーマンスは他者を寄せ付けることなく走り続ける。


元の記事の動画を観る







All Time Best Album THE FIGHTING MAN



All Time Best Album THE FIGHTING MAN


演奏者
エレファントカシマシ

 作品詳細・レビューを見る 




世界でも活躍している実力派


日米両国籍を持ち、極上のメロディと多彩なスキルを操るMasato(Vo)がフロントマンということもあり、その勢いは国内だけに留まらず、世界を相手にサウンドを響かせる。その真骨頂ともいえるべきLIVEでの熱量を全身で浴びて感じ取って欲しい。


元の記事の動画を観る







VENA



VENA


演奏者
coldrain

 作品詳細・レビューを見る 




ツーステブームの火付け役


レゲエをベースとした疾走感のあるサウンドが特徴的。リフやシャウトを効果的に使い、楽曲に抑揚をつけ更なる高みへと昇華させた。また、武道館をライブハウスにしたり、地元である神奈川県では毎年【DEAD POP FESTiVAL】を開催するなどバンドとして活動の場を広げている。


元の記事の動画を観る







THE BEAUTiFUL PEOPLE



THE BEAUTiFUL PEOPLE


演奏者
SiM

 作品詳細・レビューを見る 




“TOKYO SKA”の確立


スカというジャンルに囚われず、様々なアーティストをゲストボーカルとして向かえ”TOKYO SKA”を確立。結成から現在まで2,000本を超えるライブを行い、多くのオーディエンスを盛り上げてきた。2009年からは山梨湖で主催フェス【トーキョースカジャンボリー】を開催するなど精力的に活動している。


元の記事の動画を観る







Paradise Has NO BORDER



Paradise Has NO BORDER


演奏者
東京スカパラダイスオーケストラ

 作品詳細・レビューを見る 




純粋に音楽と向き合い続ける


生ける伝説"Hi-STANDARD"の難波章浩がソロ活動を経て、バンド体制として3ピースロックバンドを始動。原点であるパンクはブレることなく共存させつつ、誰もが純粋に音楽を楽しむことが出来る音を追求したような印象を受けます。


元の記事の動画を観る







LET IT ROCK



LET IT ROCK


演奏者
NAMBA69

 作品詳細・レビューを見る 




伸び伸びとした音楽が鳴り続ける


スカダンあり・モッシュあり・ダイブありと、メロディックパンクにホーンセクションを加えた編成ということもあり、その音楽性は自由そのもの。音楽は聴くものではなく、全身で楽しむものだと気付かせてくれます。自然と身体が動き出してしまう一音一音をぜひ体感してみてください。


元の記事の動画を観る







Now Album



Now Album


演奏者
HEY-SMITH

 作品詳細・レビューを見る 




「世界基準」の最新型ロックンロール


メンバーが敬愛するリトル・リチャード/レイ・チャールズに音楽的影響を受けたこともあり、リズム&ブルース/ロックンロールのルーツを取り入れながら、自分たちの音楽を追求した。聴くものを楽しませるライブに定評があり、多くの人々から愛されている。


元の記事の動画を観る







NEW



NEW


演奏者
THE BAWDIES

 作品詳細・レビューを見る 




腹ペコの暴君が観客を食い尽くす


日本語を独自の語感で言い表しながら、メッセージ性のある強烈な歌詞とデスボイスをはじめとした激しいラウドロックから繰る出される攻撃的な一面に加え、POPなメロディを融合させた中毒性を帯びたサウンドが特徴的。その楽曲は世界を渡り、海外からの評価も高い。


元の記事の動画を観る







予襲復讐



予襲復讐


演奏者
マキシマム ザ ホルモン

 作品詳細・レビューを見る 




全ての音楽ファンに捧げる


カリスマ的存在である細美武士がフロントマンとなり、立ち上げたバンド。現在活動しているthe HIATUSとは一転、ELLEGARDENを彷彿とさせる楽曲の数々は、まさにメロディック・パンクそのもの。


元の記事の動画を観る







Dim The Lights



Dim The Lights


演奏者
MONOEYES

 作品詳細・レビューを見る