始動から3年目を迎える2017年の「東京キャラバン」が、いよいよ京都からスタートする。「人と人が交わるところに『文化』が生まれる」というコンセプトに賛同したアーティストがさまざまな分野から集い、新しい表現を創作する。



2017年8月19日(土)・20日(日)に、京都・亀岡にてワークショップ、9月2日(土)・3日(日)に、京都・世界遺産 二条城にてパフォーマンスを開催予定だ。



松たか子ほか多彩なアーティスト、芸妓、舞妓が夢の共演する「東京キャラバン」



会場となる世界遺産・二条城。

会場となる世界遺産・二条城。




京都のパフォーマンスには、総監修を務める野田秀樹や2015年より参加している女優の松たか子に加え、EGO-WRAPPIN’のヴォーカリスト・中納良恵、「食」を通じて表現する諏訪綾子/フードクリエイション(アーティスト)、甲冑でのパフォーマンスが人気の青柳美扇(書道家)、現代アーティストの木村舜などが初参加。また、京都を拠点に活躍するアーティストとして、佳つ菊(祇園甲部芸妓)、豆千佳(祇園甲部舞妓)、祇園祭鷹山保存会 囃子方、球乗り型ロボットで結成された村田製作所チアリーディング部が参加。さらに、津村禮次郎(能楽師)、“東京キャラバン”アンサンブルも参加し、さまざまな分野で活躍する才能あふれるアーティストがまさに“文化混流”することで、誰にも想像できない新しいパフォーマンスを創作する。



野田秀樹氏は、次のようにコメントしている。



「二条城と『東京キャラバン』は相性が良いんじゃないかと勝手に思っています。“TOKYO”もちょっと文字を入れ替えれば“KYOTO”だし(笑)。稽古(公開ワークショップ)から“覗き見”の感覚で見学できるという試みも楽しさのひとつです。文化とは退屈なものではなく、心を豊かにするもの。『東京キャラバン』とはその土地の皆さんと作る“見世物小屋”です。見世物の基本である“わくわく”と“どきどき”が生まれる実験の場に、ぜひ“野次馬”として参加して下さい」



9月2日(土)・3日(日)の会場は世界遺産として知られる京都・二条城。歴史の重みを感じる京都ならではの会場で、新しいパフォーマンスが生まれる瞬間に立ち会ってみては。 観覧は無料だが、2017年8月13日(日)までに電話かFAXまたはメールで申し込みが必要。応募者タスの場合は抽選となる。申し込みに関する詳細は、「京都いつでもコール」(075-661-3755)で確認を。



東京キャラバン in 東北(2016年)

東京キャラバン in 東北(2016年)




東京キャラバン 〜プロローグ〜 (2015年) 撮影:井上嘉和

東京キャラバン 〜プロローグ〜 (2015年) 撮影:井上嘉和




表現が創りだされる場を覗き見! 公開ワークショップを開催



8月19日(土)13時〜17時、20日(日)10時〜17時には、京都・亀岡市にある「生涯学習施設・道の駅ガレリアかめおか」で公開ワークショップ「東京キャラバン in 京都・亀岡」を開催。二条城でのパフォーマンスに向け、表現者たちが“文化混流”しながら、新しい表現を創り上げていく創作の現場を特別に公開する。参加するのは、野田秀樹、世界遺産・二条城パフォーマンス 参加アーティスト、井手茂太(振付家・ダンサー)。観覧は無料で申し込み不要だ。



京都の開催後、東京・八王子では9月9日(土)・10日(日)に、熊本では、10月9日(月・祝)〜13日(金)にワークショップ、10月15日(日)にパフォーマンスが予定されている。



■開催情報



「東京キャラバン in 京都・二条城」



開催日/2017年9月2日(土)・3日(日)

開催時間/受付開始18:00、開場18:30、上演19:00〜20:00

会場名/世界遺産・二条城 国宝・二の丸御殿前 特設ステージ(京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541)

定休日/なし



京都文化力プロジェクト 公式サイト