関ジャニ∞が様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションや音楽企画を展開する、テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」。8月13日(日)の放送では、“他人には聞けない音楽ギモン”の“実演回答者”として、三浦大知がゲスト出演した。



この夜、ジャズダンスを習っているという視聴者から挙げられたお悩みは、“ターンの途中でフラついてしまう”というもの。



前回出演した際には、“キレの出し方”を質問され、「緩急をつけること」という的確な回答で出演者をうならせた三浦。今回は、「僕たちもやる練習方法」として“自分のダンスを撮影してみる!!”ことを提示。



「ターンに限らないことですけど、自分の頭の中のイメージと。どう動けてるかが一致してない」から綺麗に決まらないのだとか。「自分に向き合う」ことが大事なのだと語る三浦。



ダンス初心者としてサバンナ高橋茂雄がやって見せたターンの問題点を指摘し、重心が取りやすいターンの仕方を三浦が提示すると…フラついていた高橋がピタッと着地。



「僕もターンは得意じゃないし独学なので、それぞれ回りやすいやり方があるから、いろいろ映像を撮ってみて、“自分はこれが回りやすいな”っていうのを反復練習する」と締め括った。



SNSでは、「丁寧で分かりやすい」「三浦大知特集やってください!」と、三浦の技術や見事な説明を絶賛する声があがっていた。(文:荒澤純子)