8月25日放送の『MUSIC STATION』(テレビ朝日)にて新曲「呼吸」をTV初披露することがアナウンスされている菅田将暉。彼がパーソナリティを務める『菅田将暉のオールナイトニッポン』が、8月21日(月)深夜、生放送にてオンエアされた。



ニッポン放送の“スペシャルウィーク”であるこの夜は、かねて告知されていたとおり、俳優・山崎賢人がゲスト出演した。


山崎賢人の変化の理由は?



リスナーから“1秒でも早く、1秒でも長く”山崎を呼んでほしいと催促された菅田は、番組開始15分頃に「僕の親友」「ダチでもありライバルでもある」と紹介して、ブースに山崎を呼び込んだ。



「(初めて会ったのは)16で、『麒麟の翼』(2012年公開)っていう映画でしたね」(山崎)

「その後、みんなで野球しようってなって行ったら賢人がいて、その時賢人が半袖に短パンにキティちゃんみたいなサンダル履いてて“菅田さん、洋服って何を着たらいいですか?”って(笑)」(菅田)

「菅田くんがめっちゃオシャレで。菅田くんちに行って、服をもらいまくるっていう」(山崎)

「いや、語弊がある。パクリまくる、だから。この間、僕の家に遊びに来たんですよ。その時に俺の服をちゃんと畳んで帰って行った賢人を見た時に、“何の変化や?”と」(菅田)

「あのね、それはシンプルで、お金が増えたから、自分で服を買えるようになった(笑)」(山崎)



実写映画出演が多いのは菅田将暉?山崎賢人?



また、事前に「“実写映画やりまくり俳優・山崎”と“実写映画やりすぎ俳優・菅田”とで実写映画を語る」としていた菅田。スタッフが用意した出演作品年表を確認すると…



「これは菅田くん、やりすぎじゃね?」(山崎)

「表にするとさ、俺のほうが多いと思わんかった」(菅田)

「俺、めっちゃ叩かれてるけどさ…」(山崎)

「そう? 俺『ジョジョ』観たで? 普通に良かったで!」(菅田)と、いきなりネガティブモードに入る山崎をフォローする菅田(笑)。



「漫画を実写化する時代において、この二人はすごいよね、需要というか」(山崎)

「何回壁ドンした?」(菅田)「それがね、『L・DK』で1回しかやってないんですよ。菅田くん壁ドンしました?」(山崎)

「俺はしたことないんですよ。俺も結構したいんよ。ラブストーリー来た!と思った『溺れるナイフ』(2016年公開)が、ヒロインの首を絞めながら顔面に唾を吐くっていう(笑)」(菅田)

「そこが俺と菅田くんの違いなのかな。そこまでクレイジーに吹っ切ると、叩かれないという(笑)」(山崎)



俺、全然恋してないから。半分ぐらい童貞やからね(笑)



そして番組中盤も、菅田と山崎のナチュラルトークが続く。これまで恋愛映画への出演が多い山崎に対して、「すごい恋してるよな。俺、全然恋してないから。半分ぐらい童貞やからね(笑)」と菅田。

「俺もこれは童貞っすよ。共通点あったね。童貞…(笑)」と答える山崎に、「やめろ、明日ニュースになるやろ(笑)」と菅田が苦笑い。



さらにリスナーからの質問に、「普段は(自分のことをイケメンだとは)思わないですね。菅田くんはどうすか?」(山崎)

「俺、毎秒思うよ(笑)」(菅田)

「ま、イケメンすもんね、俺ら!」(山崎)

と宣言するなど、普段見られない本音すぎる菅田将暉と山崎賢人を聴けた2時間だった。(文:荒澤純子)