スターバックス コーヒー ジャパン株式会社は、地元職人の情熱が込められたマグカップ等の商品を「JIMOTO made シリーズ」として、滋賀県甲賀市限定で「マグShigaraki 赤 325ml」「マグ Shigaraki 黒 325ml」を2017年10月13日(金)より販売する。



同日から石川県加賀エリア限定で「スタッキングマグ Kutani」「コースターKutani」、長崎県佐世保市限定で「コーヒー碗 Mikawachi177ml」が発売される。



地元職人が作るスターバックスの「JIMOTO made シリーズ」とは?



「JIMOTO made シリーズ」は、地域との繋がりをより強く、深いものにするための活動のひとつとして、日本各地、その地元で活躍する伝統工芸やその職人の技術を取り入れた商品を開発し、その土地の限定店舗でのみ販売する取り組み。商品を通じて地域の文化、産業、地元で暮らす人などを知り、今まで以上に地元に対する愛着や誇りを感じる機会となるよう、2015年12月からはじまった。



滋賀県甲賀市限定「マグ Shigaraki 赤 325ml」「マグ Shigaraki 黒 325ml」



滋賀県甲賀市の甲賀水口店限定で販売する同商品は、1200年の歴史を持ち、日本六古窯のひとつとされる信楽焼のマグカップ。信楽焼を伝承し、その技法で現在のライフスタイルに合う焼き物を提案している卯山窯の協力を得て、信楽の技術を生かした「マグ Shigaraki」が完成した。



信楽焼の特徴は、付近の丘陵から良質の陶土がとれ、土本来の素朴な風合いと、窯の中での炎のあたり具合によって表情を変化させ、土と炎が織りなす“わびさび”の趣を今に伝えている点。この2色の「マグ Shigaraki」も同様に、同じ土を使用し、焼き方を工夫してある。





「マグ Shigaraki 赤 325ml」

「マグ Shigaraki 赤 325ml」





「マグ Shigaraki 黒 325ml」

「マグ Shigaraki 黒 325ml」






「マグ Shigaraki 赤 325ml」は、燃料が完全燃焼するだけの十分な酸素がある状態で焼かれる酸化焼成にて、赤色の暖かみある色合いを生み出した。また「マグ Shigaraki 黒 325ml」は、酸素が足りない状態で焼成を進行させ、経験と技術で炎を見極め焼成最高温度より火を焚きながら温度を下げる、冷却還元焼成にて黒色がかった自然な質感の味わいとぬくもりのある印象にている。



さらに丸みを帯びた形状により、コーヒーのアロマが楽しめるようになっていて、信楽焼を代表するたぬきをモチーフに、信楽焼の魅力をモダンにスターバックス流に仕上げてある。



底面には、スターバックス、卯山窯(生産者)、甲賀(コミュニティ)の名称が入っていて、地域とのつながりが感じられる。



本を読みながら、ゆっくりコーヒータイム。スターバックス コーヒー併設のTSUTAYA/蔦屋書店はコチラ



スタバ好き必読! スターバックスの歴史が分かるおすすめ本










『スターバックス成功物語』




ハワード・シュルツ



北米1,400店舗を誇るコーヒーショップチェーン・スターバックスの最高経営責任者が語る、成長と成功の記録。わずか5店の小さな会社が社員本位の経営によって全米有数の企業に成長するまでの戦いを描く。



作品詳細・レビューを見る









『スターバックス再生物語』




ハワード・シュルツ



超ブランド企業を襲った存亡の危機――。苦悩の末に再登板した名物経営者ハワード・シュルツは、そのとき、なにを語り、いかに実行し、奇跡的な回復へと導いたのか? ”瀕死の組織に命を吹き込んだ熱き言葉の数々と再興までの記録。



作品詳細・レビューを見る





■商品情報



「マグ Shigaraki 赤 325ml」「マグ Shigaraki 黒 325ml」



価格/3,800円(税抜)

発売日/2017年10月13日(金)

販売店舗/スターバックス コーヒー 甲賀水口店

※1商品につきひとり5個まで購入可。

※一時欠品する可能性あり。



公式サイト