13日、舞祭組の1stアルバム『舞祭組の、わっ!』が発売される。


アルバムには、「棚からぼたもち」「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜」「やっちゃった!!」「道しるべ」のシングル4曲を含む、「和」、「輪」、「話」、「笑」が満載の、「わ!」と驚く全16曲を収録。



舞祭組のデビューから4年を経て待望の1stアルバムということで、力の入り方がとにかくすごい。



ネットではこのアルバムの<初回生産限定盤A>と<初回生産限定盤B>の特典映像が、それぞれ強烈すぎると話題になっている。



<初回生産限定盤A>の特典映像には、シングル4曲のMVに加え、新曲10曲分のMVをメドレー形式で収録した「舞祭組の、わっ!<メドレーMUSIC VIDEO>」がついてくる。



このMVメドレーでは、曲のテーマに合わせて舞祭組のメンバーが10変化。



例えば「トロになりたい」という演歌風の曲では、全国に7名しかいない「1級マグロ解体師」の資格を持つ横尾渉が、MVのなかで実際にマグロを解体している。



その他にも「恋愛心経」という和風レゲエっぽい曲ではお坊さんに扮したり、地下アイドルや、桃太郎とその仲間たち、幼稚園児&お尻星人など、シュールなMVが10曲連続で続く爆笑必至の内容となっている。



<初回生産限定盤B>の特典映像には、「舞祭組マッチョへの道しるべ100日ドキュメント」というドキュメンタリーがついてくる。



サブタイトルは「ガチ筋トレ&富士山頭頂で全身全霊コミットしちゃったんで、ジャケット写真もCG合成じゃありませんSP」。



<初回生産限定盤B>のジャケット写真の公開直後から、メンバーの黒光りするマッチョな美ボディがネットで話題になっていたが、なんと今回のアルバムのためにRIZAPで肉体改造を行っていたのだ。



舞祭組のプロデューサーである元SMAPの中居正広に、打ち合わせで連れて行ってもらった焼肉屋で「お前たちさ、カラダムキムキになったらおもしれぇぞ」、「明日から鍛えてこい、できるか?」と言われ、「は、はい。できます」と答えたことが始まりらしい。



中居からの「スーツがパンパンになるまでマッチョを目指してほしい」という指令のもと、100日間に及ぶ筋トレや富士山頭頂で肉体改造を行い、見事結果にコミットした舞祭組。



「舞祭組マッチョへの道しるべ100日ドキュメント」という、アイドルのアルバム特典映像としては一風変わった、舞祭組のビフォー・アフターが収録されたドキュメンタリー映像も見逃せない。



ファンでなくてもちょっと気になってしまう内容なだけに、確実にゲットしたい人は予約した方がいいかもしれない。