今年6月に初めて日本武道館でのワンマンを開催したTHE ORAL CIGARETTESにとって、武道館後初となる全国ツアー「Diver In the BLACK Tour」がファイナルを迎えた。果たして武道館後のオーラルが何を目指して進んでゆくのか、そこに大きな注目が集まるライブだったが、そこで彼らが見せたものは、9月にリリースした最新シングル「BLACK MEMORY」に象徴されるダークな世界観をいままで以上に強く打ち出すことで、ここからオーラルがどんなバンドとして進んでゆくのかを改めて提示する覚悟のステージを見せてくれた。ここではセミファイナルとなった新木場コースト1日目の模様をレポートする。


>ライブ写真をもっと見る(全16枚)



山中拓也(Vo/Gt)の艶のあるボーカルが強い意志を宿したメロディを丁寧に紡ぐ「ONE’S AGAIN」からライブはスタートした。ピンボーカルのスタイルで大きな身振りを使いながら歌う山中の立ち居振る舞いに促されるように、満員のフロアからは一斉のお客さんの手があがる。



「今日はヤバくなりたいんだよ、最後までついてこい!」。



いつものようにフロントマンらしい強気な口調で山中がフロアを容赦なく煽ると、早速「カンタンナコト」や「DIP-BAP」といったヘヴィな楽曲で激しいヘドバンを巻き起こしていった。





山中拓也(Vo/Gt)




鈴木重伸(Gt)が奏でるオリエンタルな匂いのするギターリフ、あきらかにあきら(Ba)がやんちゃに暴れながら繰り出すスラップベース、中西雅哉(Dr)の様々な表情を持つパワフルなドラムプレイ。ひとつのツアーを乗り越えてまた一回りタフになったバンドのアンサンブルを、新木場コースト特有のド派手な照明やレーザーが鮮やかに色付けしていった。



「きれいごとばっかり言っててもしゃあない。汚いところも見せて、かかってきてください!」という山中の言葉を皮切りに今回のツアーのハイライトになったのは中盤。『BLACK MEMORY』のカップリングに収録されている「接触」からだった。私たちが日常生活のなかで誰かと接することで抱かずにはいられない負の感情を隠すことなく歌い切り、そのなかで愛を見出そうとするナンバーだ。



そこから「お前らの周りが真っ暗になったとき、何を思うのか。そこに答えがあると思います」と問いかけて、届かない想いへの絶望を込めた「ミステイル」へとつなぐ。



そんな暗い曲を立て続けに披露したあと、山中は今回のツアータイトルを“Diver In the BLACK”と名づけた理由に触れた。



「あなたの胸に眠っている暗い感情を押し殺さずに解放してほしいから」と。そして、バンドのために書いたという「Flower」へ。暗闇のなかから「あなた」と共に解放されることを願う伸びやかな楽曲のなかで、山中はメンバー一人ひとりの名前を呼ぶと、「あなたにもきっと大切な人ができるはず。いまはもがいて苦しめばいい。いまいなくても絶対にできるから」と言葉を添えて、深く頭を下げた。オーラルが暗闇を歌うのは、そこで傷を舐め合うためではない。その孤独から抜け出そうともがき、大切な人と出会うことにこそ生きる価値があることを知っているからだ。彼らの楽曲はその闇は深いほど、光の色合いも強くなる。その鮮やかな闇と光のコントラストがTHE ORAL CIGARETTESというバンドをかたちづくっている。





鈴木重伸(Gt)




原曲が持つ怒涛のイントロが一転してスタイリッシュな歌い出しにアレンジされた「気づけよBaby」など、この日はこれまで何度もライブハウスで披露してきた曲たちが新鮮なかたちに生まれ変わったところも印象的だった。「トナリアウ」をアコースティックなアレンジに再構築して、会場を温かいムードで包み込んだことも初めての試みだ。





あきらかにあきら(B)




『エイミー』のカップリング「GET BACK」や、『起死回生STORY』のカップリング「See the lights」など、2〜3年前の曲も織り交ぜながら、MCでは山中が自身の生い立ちを振り返る場面もあったりと、この日のライブではこれまで自分たちが積み重ねてきた過去を大切にしながら、バンドとしての新たな可能性を模索しているようだった。それを自分たちらしく、気負わず、飾らないムードでやれているのがいまのオーラルだ。





中西雅哉(Dr)




終盤戦にかけては、山中が「ラスト、悔いなく全力でぶつかってこいよ!」と言うと、「5150」や「CATCH ME」という盛りあがり必至のライブアンセムたちでフロアをリフトやダイブでもみくちゃにしていった。



そして、最後に「2017年オーラルが生み出した最強のキラーチューンを」という言葉とともに届けたのは「BLACK MEMORY」だった。“ゲ、ゲ、ゲリラ(Get it up)!”というキャッチーな合言葉を満員の会場が一体となって叫び、こぶしを突き上げながら、最高の場所へと導かれていく。それはライブハウスでのし上がってきたオーラルだからこそ作ることのできる“限界突破”のフィナーレだった。








アンコールでは新曲「ReI」を披露して2時間半におよぶライブは幕を閉じた。本編のなかで、山中がこれからの決意を口にする印象的な言葉があった。



「人生2割が楽しくて、8割が苦しいです。その2割をライブで共有するんじゃない。俺らは8割のしんどいことを共有したいと思っています。ライブハウスで楽しむだけ、そんなつまらないことはしたくない。これからも感情を吐き出す曲を届けていきます。そうやって、これから20年、30年、何も変わらずに進んでいきたいと思っています」。



白か黒かで問われれば、黒であること。喜怒哀楽の怒と哀を覆い隠さないこと。それがオーラルの闘い方であると宣言することで、彼らは武道館以降の新たなスタートを切った。間もなく迎える2018年。年明け早々の2月15日に大阪城ホールでの初ワンマンも控えるオーラルは、確固たる自分たちらしさを誇り、いまさらに前に進む覚悟ができている。  文:秦理絵  撮影:Viola Kam (V'z Twinkle Photography)



セットリスト

1.ONE’S AGAIN 2.カンタンナコト 3.DIP-BAP 4.Uh…man 5.STARGET 6.接触 7.ミステイル 8.マナーモード 9.Flower 10.エンドロール 11.気づけよBaby 12.トナリアウ 13.Shala La 14.GET BACK 15.See the Lights 16.5150 17.CATCH ME 18.狂乱 Hey Kids!! 19.BLACK MEMORY EN.ReI



THE ORAL CIGARETTES オフィシャルサイト