フィフス・ハーモニー脱退から1年、最新シングル「ハバナ feat. ヤング・サグ」が世界的大ヒットを続ける中、カミラ・カベロが遂にソロ初のフル・アルバムを来年1月にリリースすることが正式決定した。



アルバム『カミラ』ジャケット

アルバム『カミラ』ジャケット




日本時間の今週5日(火)深夜に、まずは自らファンに伝えたいという意向から自身のInstagramで発表し、昨晩7日(木)から予約がスタートすると当時に今作に収録される中から「ネヴァー・ビー・ザ・セイム」「リアル・フレンズ」の2曲が先行公開された。



現在20歳のカミラは、世界的ブレイクを果たしたフィフス・ハーモニー在籍時から、ショーン・メンデスやマシン・ガン・ケリーとの共作・デュエット・シングルが全米を中心にヒットし、米『タイムズ』誌による「2016年世界で最も影響力のあるティーン30人」にも選出されるなど、個人としても活躍。



2016年12月にグループを脱退後、今年7~8月にブルーノ・マーズ北米ツアーのサポート・アクトに抜擢され、ピットブルとの映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』サウンドトラック収録曲、メジャー・レイザーの楽曲などに参加。



2017年5月にシングル「クライング・イン・ザ・クラブ」で本格ソロ・デビューを果たし、8月に発表したファレル・ウィリアムスらとカミラとの共作、フランク・デュークス(カニエ・ウェスト/リアーナ他)プロデュースによるソロ4曲目の最新シングル「ハバナ feat. ヤング・サグ」が、全米週間シングル・チャート<ビルボート HOT100>5週連続2位(11/18-12/16)、全米iTunes総合シングル・チャート最高1位(11/3)、全英週間シングル・チャート5週連続1位(11/3-12/1)を記録し、YouTubeでのビデオ総再生が3億回、楽曲総再生は5億回を超える世界的大ヒットとなっている。



アルバム発売の発表にあわせて、カミラは世界中のファンに向けてメッセージを送っている。



Camilizerのみんなへ

デビュー・アルバムがとうとう完成したわ。今は気持ちを落ち着かせることで精一杯!ずっと辛抱強く待っていてくれてありがとう。この1年の私のサウンドトラックを早く聴いて欲しくてたまらない。どの曲にもその背景には特別な思い出があるの。正直言って、精神的な別れというものを感じるし、一幕の終わりって気持ちにもなる。タイトルは自分の名前に決めたの、私の人生の一幕はここで終わりだから。それは誰か他の人の話から始まって、私自身に戻る道を見つけたところで終わった。アルバムがみんなの手元に届くのは1月12日よ。

みんな大好き

Camila



カミラ・カベロ ソニー・ミュージック オフィシャルウェブサイト:http://www.sonymusic.co.jp/artist/camilacabello/