日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre」がJR土浦駅に誕生。



来春に第一弾として、全長180km のサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」のスタート地点に、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップ、サイクルカフェなど、サイクリングを楽しむためのベースキャンプがオープンする。



東京から49分。180kmのサイクリング旅へ



「PLAYatre」は、「モノ」はなるべく売らず「コト」を売るという、新たなエキビル像を目指すアトレの新ブランド。東京から電車で最短49分、駅直結という好アクセスな立地にあり、霞ヶ浦や筑波山など恵まれた自然環境を有する日本有数のサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」の首都圏からの玄関口でもある。



館内は自転車の乗入れや持込みが可能で、メンテナンスから宿泊機能まで、あらゆるサイクリストのニーズを充たす、国内最大級のサイクリング特化施設になる。





1F エントランスイメージ

1F エントランスイメージ





1F ショップエントランスイメージ

1F ショップエントランスイメージ






第1弾のオープンはCYCLE BASE「りんりんスクエア土浦」など



「PLAYatre」の施設の中心となる「りんりんスクエア土浦」では、サイクリストのためのサービスを提供。手ぶらで利用できるレンタサイクルや、セキュリティ完備のシャワー、ロッカー、更衣室、サイクルショップ、修理・メンテナンス・洗車サービスコーナー、セルフメンテナンス用ワーキングスペースなど、日常から、スポーツ、旅まで、多種多様なサイクリングライフに対応する。



また、サイクリングコンシェルジュが常駐し、地域の観光スポット、サイクリングコースのご案内など、サイクリングや街の楽しみ方についての旬な情報を発信。



1F ショップイメージ

1F ショップイメージ




また、B1Fには、一般駐輪場やエステ、お直しをはじめとしたサービスショップ、1Fには、タリーズコーヒーとイタリアの自転車メーカーBianchiとのコラボレーションによる全国初のサイクルカフェ、コンビニエンスストアやドラッグストアなど、サイクリストをはじめ日常使いにも便利なショップがそろう。



2019年秋以降のグランドオープンに向け、今後サイクリングホテルやレストラン、茨城の人気ショップを集めたフードマーケットなどを続々オープン予定とのこと。



■施設情報



「PLAYatre TSUCHIURA/ペルチ土浦」



オープン日/2018年3月下旬

所在地/茨城県土浦市有明町1-30 地下1F、地上6F



PLAYatreのコンセプトムービー

PLAYatreのweb特設ページ