B1島根スサノオマジック。
7日、ホームで西地区6位の長崎と対戦、接戦をモノにすることができず、今シーズン最多の4連敗となりました。
島根は安藤、ニカに加え、守備に定評のある白濱がケガで欠場。
第1クォーター、見せ場を作ったのが期限付き移籍で加入し、この試合が初出場のエドワード・モリス。
しかし、長崎に3ポイントシュートを高確率で決められます。
さらに日本代表の馬場雄大。
島根も津山とビュフォードを中心に反撃しますが及ばず、92対99で敗れ、今季最長の4連敗となりました。
チャンピオンシップ進出に向けて正念場の島根。
次節、ホームでサンロッカーズ渋谷を迎え撃ちます。