島根県の竹島沖で、韓国の国営企業から委託を受けた船が海洋調査の実施を疑われる航行をしていたことがわかりました。
外務省によると、ノルウェー船籍の調査船が、5月9日から12日まで竹島の南の海域で、船尾からケーブルのようなものを引きながら低速で航行していたということです。
調査船は韓国の国営企業の委託を受けていて、政府は外交ルートで韓国側に説明を求めたとしています。
松野官房長官は会見で、「日本のEEZ内で海洋調査を実施したとの確認には至らなかった」として、「注意喚起に留めた」と述べています。
また島根県は、事実確認できていないためコメントを出していません。