航空自衛隊美保基地所属のC−2輸送機の部品が飛行中に落下したとみられることがわかりました。

落下したとみられるのは縦約1センチ、横約5センチ、重さ約10グラムの「ブロックフェアリング」と呼ばれる樹脂製の部品です。10日正午過ぎに飛行訓練を終え、基地に戻った後の点検で、機体右側のエンジンに取り付けられていたこの部品が無くなっていることが分かりました。この輸送機は、10日約1時間半にわたり鳥取・島根はじめ岡山や兵庫など6つの県の上空で飛行訓練を行っていたということで、美保基地は、訓練中に部品が落下したとみて調べています。今のところ、けが人などの情報は入っていません。美保基地は「地域住民の皆様にご心配をおかけし、大変申し訳なく思っている」とコメントしています。