鳥取県沿岸の日本海では、6月以降、海岸や港などの浅瀬でサメやマグロの目撃情報が相次いで寄せられています。
珍客が次々訪れるこの夏の異変、その背景を探ります。

(東海大学海洋学部堀江琢准教授)
「異変の前兆の可能性もあるかもしれないし大きい個体の魚がこちら(岸の近く)に居座るようになるという変化はあるかもしれない。」

浅瀬に忍び寄る黒い影、体長は1メートルを超えると見られます。
サーフィンをする人のすぐそばを勢いよく通り過ぎていきます。

(撮影した人)
「追突されそうな勢いで来るなあ・・」

(マグロを目撃した今井隼人さん)
「朝、海来てみたら2メートルちょいくらいの大きいマグロが現れました。めちゃめちゃ勢いよく泳いでましたけどね。」

その正体はクロマグロ。
6月29日、鳥取市青谷町の海水浴場で目撃されました。

(マグロを目撃した今井隼人さん)
「沿岸に大きいマグロ、初めて見たのでびっくりしました。」

沿岸でのマグロの目撃情報は他にも、6月19日には岩美町の田後沖で。
さらに7月5日には鳥取市青谷町の夏泊漁港のいずれも浅瀬で目撃されました。

(マグロを目撃した今井隼人さん)
「そうですね、私27年間、海に毎日通っているんですけどイルカは見たことあるけど、マグロは初めてでしたね。僕はずっと1年中サーフィンしてるんで水温の変化など、かつてと海の環境はかなり変わってきていると思う。」

この夏の「珍客」はほかにも。

(本田記者)
「サメが目撃されたのはこちらのガソリンスタンドの延長線上のあの辺りの沖だということです。」

7月17日、鳥取市・白兎海岸の沖合200メートル付近で目撃されたのは体長2m近いシュモクザメ。

(サーファー)
「え、ここで?海で遊んでるんでちょっと怖いですね。俺はここでは見たこと無いね。」

人を襲うことは少ないというシュモクザメ。
県によると、県内の海水浴場では、近年、毎年のように目撃情報が寄せられています。

こうした「異変」の背景にはなにが…サメなどの海洋生物に詳しい専門家に聞きました。

(東海大学海洋学部堀江琢准教授)
「(マグロに関しては)最近漁獲規制が入ってますので個体数が増えてきている傾向がみられる。増えてきて、沿岸域にエサを取りに来たマグロがはぐれて入ってきたのではないか。」

個体数の増加、水産庁によると、乱獲などにより、マグロの資源量は90年代から徐々に減少。
2010年には過去最も少ない約9800トンにまで落ち込みました。

しかしその後、各国が漁獲制限など資源管理を行ったことで、2020年には約65000トンまで回復しています。

さらに堀江さんは異変の背景として、今年ならではの要因を指摘します。

(東海大学海洋学部堀江琢准教授)
「イワシの群れが逃げてきて沿岸に寄ってくることもあります。そういったことが関わっているのではないか。」

サメやマグロのエサとなるイワシとの関連です。
鳥取県内では今年、マイワシが大漁。
県によると6月時点での漁獲量は約33000トン。
半年間ですでに去年1年間の漁獲量に迫る「豊漁」です。
マイワシは数年周期で豊漁と不漁を繰り返すと言われていますが、今年は増加傾向にある最近10年ほどを見ても群を抜く多さです。

しかも、そのイワシが多く生息しているのが、浅瀬だといいます。

(東海大学海洋学部堀江琢准教授)
「植物プランクトンの栄養が陸から流れてきて、そこから植物プランクトンが繁茂して、それをプランクトンが食べて、それめがけて小魚がくる。だから沿岸域はいろんな生き物が多くて沖合は少ない。イワシがエサとしてプランクトンを食べに寄ってきたりもするので、それを目指して(サメやマグロが)来てしまうことはあります」

浅瀬で個体数が増えたイワシを求めて、サメやマグロが沿岸近くまで迷い込み「珍客」の出現につながったと推測します。

海水浴など海辺でのレジャーの機会が増えるこの時期、サメなどに出会った場合、どうすればよいのでしょうか。

(東海大学海洋学部堀江琢准教授)
「刺激を与えず、ゆっくりと陸に上がるのが一番ですが、実際に海で見かけるとパニック状態になると思いますので、様子を見ながら陸に行くことを心がけてください。」

相次ぐ珍客の出現、それは海の環境の変化を示すひとつのバロメーターといえそうです。