天気予報です。
12日の山陰地方は概ね晴れていましたが、午後から天気が急変したところがありました。
夕方現在、島根県奥出雲町に大雨・洪水警報が発表されています。
こちらは午後4時半ごろの松江情報カメラの映像です。
西側の空は晴れ間もありました。

最高気温が出雲で33.2℃、松江30.3℃、鳥取32.1℃など真夏日となり残暑が厳しくなりました。

その一方で湿った空気が流れ込んだため、雨雲が発生しました。
南の方角の空は雲が広がり西側の空と対照的に暗くなっていました。

気象レーダーをみると、島根県東部の山間部、そして西部の江津市から浜田市などにかけて発達した雨雲がかかりました。

島根県川本町で26ミリ、奥出雲町横田で25ミリの時間雨量を記録しています。
今夜遅くにかけて不安定な天気が続く見込みです。

こちらが12日の天気図です。
日本の南の海上に台風や熱帯低気圧があり、湿った空気が流れ込み易い状況となっています。

あす13日も同様の気圧配置で厳しい残暑と不安定な天気が続きそうです。
台風は北上を続ける見込みです。