大型で非常に強い台風14号はあす昼以降、山陰地方に最も接近する見込みです。線状降水帯が発生する恐れがあり激しい雨と強風に厳重な警戒が必要です。
大型で非常に強い台風14号は午後5時現在、鹿児島県佐多岬沖付近にあり時速20キロで北に進んでいて、山陰地方にはあすの昼過ぎから夜遅くにかけて最も接近する見込みです。中国地方では今夜からあすにかけて線状降水帯が発生する恐れがあります。あす正午からの24時間降水量は島根・鳥取両県ともに、多い所で200ミリから300ミリ。最大瞬間風速は35メートルから40メートルの予想で激しい雨と暴風に厳重な警戒が必要です。交通機関にも影響が出ています。JRでは山陰本線の西出雲ー益田駅間であすの始発から運転を見合わせるなど、午後以降の列車を中心に運転を取りやめるとしています。またあすは出雲空港を発着する全ての便、山陰から山陽、関西方面に向かう高速バス、本土と隠岐を結ぶフェリーと高速船は全ての便で欠航が決まっています。
松江と鳥取の気象台は、あすにかけて大雨や暴風、河川の増水、土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。