新型コロナの感染状況です。
21日新たに島根県で604人、鳥取県で364人の感染確認が発表されました。
両県とも前日より増加しています。

島根県で新たに感染が確認されたのは、出雲管内186人、松江管内157人、益田管内100人などあわせて604人で、隠岐以外は前日より増加しています。

感染者数の推移をみると、21日発表の604人は前日より約460人増えています。
島根県の感染症対策室によると、シルバーウィークはじまりの3連休に診療所などが閉まっていて、休み明けのきのう20日に検査が集中、きょう21日発表分が増えたとみています。

一方、鳥取県では鳥取市管内189人、米子管内129人、倉吉管内46人のあわせて364人で、全ての保健所管内で増加しました。

感染者数の推移をみると、鳥取県でも前日より、約200人増加していて、島根県と同様に連休に検査を受けられなかった人が集中し、感染者数の増加につながったのではとみています。

クラスターに関する情報です。
島根県は出雲市の医療機関など2件、鳥取県は高齢者福祉施設で1件確認されています。