松江市の警備会社が全社員が署名した安全運転誓約書を警察に提出し、飲酒運転の根絶を誓いました。
飲酒運転根絶・安全運転誓約書を提出したのは、松江市の企業警備保障で、馬庭雄一常務が全社員688人が署名した誓約書を松江警察署の鍜冶署長に手渡しました。この会社では毎年署名簿を提出していて、これで11回目です。

企業警備保障 馬庭雄一常務:
「特に警備会社なので安全を提供する立場として自らが悲惨な事故を起こさない決意を徹底する」

飲酒運転による人身事故は、8月までに島根県で死亡事故1件を含む5件、鳥取県で4件発生しています。