年末を控え、境港市の水木しげるロードで米子市の電気工事会社の社員がボランティアで清掃活動を行いました。
朝早くから観光客が行き交う、境港市の水木しげるロード。
揃いの作業服姿で、清掃活動に取り組んだのは、電気工事会社・中電工の米子営業所の社員です。この会社では、毎年11月に、中国地方の57の営業所ごとに地域奉仕活動を行っています。
清掃活動には社員13人が参加。水木しげるロードの沿道約800メートルに並ぶ177体の妖怪ブロンズ像をひとつひとつ丁寧に磨いていきました。
中電工米子営業所・細田武明所長:
「ブロンズを磨くことによって、お客さんがさわやかな気持ちでブロンズを見ていただけると思います」
社員たちは約1時間かけて、道沿いのゴミや落ち葉なども回収、ぴかぴかになった妖怪たちが観光客を迎えます。