小学校の給食に異物が混入です。
長さ1センチほどの金属片。
雲南市の加茂小学校で11月14日、提供された給食に混入していました。

6年生の児童が「牛焼肉」に混じっていたのを見つけ、教員に報告しました。
児童は口にしておらず、けがはありませんでした。

市の教育委員会によると、他の学校などからは異物混入の報告はなく、これまでに健康被害も確認されていないということです。

市教委は、原因を特定できないため、15日は、このセンターによる給食の提供を中止。

引き続き、原因を調べ、再発防止に努めたいとしています。