補欠選挙の日程が決定です。
議員2人が欠員となっている、鳥取県議会の補欠選挙が、3月15日に告示、24日に投開票される事が、16日に開かれた県選挙管理員会で決まりました。

欠員の理由は、2023年6月、平井伸治元県議が詐欺の疑いで逮捕されて辞職。
さらに公職選挙法違反の罪で、罰金40万円の略式命令を受けた、藤縄喜和元県議が15日に失職したためで、刑事事件により2人欠員という、鳥取県政史上、類を見ない事態となったためです。

選挙が行われるのは鳥取市選挙区で、立候補の受付は県庁で行われます。