モデルやタレントとしても活躍し、世界的なミスコンテストの日本代表にも選ばれた島根大学医学部の学生が松江市の観光大使に任命されました。

松江観光大使に就任したのは、島根大学医学部6年生幸田芙沙さんです。このほど松江市の上定市長から委嘱状が渡されたました。
幸田さんは出雲市出身の23歳で、学生として医師を目指す傍らモデルやタレントとしても活動。2022年のミスジャパン西日本グランプリや6月にインドネシアで開かれるミス・カルチャー・インターナショナルの日本代表にも選ばれています。
こうしたミスコンテストでの活躍や中学・高校時代を松江市の学校で過ごしたことから観光大使に選ばれました。

松江観光大使・幸田芙沙さん
「こちらが青春の場なので松江市のPRができることを大変うれしく思っている。
観光大使として松江のPRを世界の場でしてきたい」

松江市・上定市長
「松江の魅力を全国のみならず世界に発信する観光大使になっていただきたいと期待している」

松江観光大使は、松江市の魅力を国内外に発信してもらおうと2002年にスタート。これまでに560人余りの松江ゆかりの著名人が選ばれています。