新型コロナウイルス。23日、広島県内の新規感染者は広島市944人、福山市294人、呉市 人の3市であわせて1350人と発表されました。(前日は1716人、前週の金曜日は1619人)
3つの市の感染者数の合計は前の週の同じ曜日と比べて269人減っています。

また広島市で療養中の患者1人が亡くなりました。広島県内の新型コロナウイルスによる死者は累計743人になります。

一方、県内の医療体制は、9月22日の時点で入院が237人。このうち重症が4人、中等症43人、即時受け入れが可能な(即応)病床の使用率は27.1%です。
宿泊療養者は150人で、施設の使用率は8.4%。また、自宅療養か自宅待機をしている人は1万8579人です。