昨年夏から鹿島沖の新しい釣り物としてスタートしたマゴチ釣り。昨年7月に始めた当初は、「どのようにして釣ればいいのか!?」と試行錯誤した。サイマキや生きサルエビをエサにして東京湾スタイルで釣ったり、ひとつテンヤタックルで生きエビや冷凍エビを付けてみたりとさまざまなことを試した。

初夏の半日船でマゴチ2桁釣果も! 数あるアタリを逃さず掛けろ!

ポイントは陸近く。ヒラメ釣り同様横流し釣りだ

ダイレクトなマゴチの引きを堪能しよう

今回の本命マゴチが顔をだした

取り込みは、マゴチの顔を海面から出さず、水面直下を泳がせながらタモへ誘導するとバレが少なくなる

70㎝級メガマゴチ登場! 7月がハイシーズンのマゴチ。これからさらに大型が期待できる

乾たかしさんも自作のテンヤでマゴチ釣りにチャレンジ。幸先よく大型を4本キャッチした

岩倉さんは13本キャッチ

ルアーアングラー、石井泰行さんは、船マゴチ初チャレンジで18匹キャッチ! 使用ワームは、バス用のエバーグリーン「キッカーバグ4.5インチ」。テンヤは「オーバルテンヤ」6号

マゴチのサイズはポイントによりまちまち

大きめのワームを付けたほうが、大型ヒットの確率が上がるようだ

少し小振りだが食べるにはちょうどいいサイズ

朝9時の時点でこの釣果。激釣ぶりはこれでお分かりいただけるだろう

ワームは3〜4インチを用意。シャッド系、グラブ系など各種オーケー。カラーに迷ったらピンクが定番だ

加瀬船長おすすめは、エコギア「オーバルテンヤ」8〜10号

親バリが刺さりがよいテンヤを選択しよう

乾さんのコンニャクエサはコレ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「第十八不動丸」。

昨年夏から始まった鹿島沖のマゴチ釣り。始めた当初は、釣り方は試行錯誤。生きサイマキをエサにして東京湾スタイルで釣ったり、ひとつテンヤに生きエビを付けたり、冷凍エビを付けたりして釣っていた。 そうこうしているうちにソフトワームで十分どころか、数釣れることが判明。8月いっぱいまで続いた鹿島沖のマゴチ釣りは、ひとつテンヤ&ソフトワームで釣る! というスタイルが定着したころにシーズンが終了した。 今期、釣り物が少ないため5月半ばに開幕したこの釣りだが、のっけから絶好調! トップは大型ばかり10匹を超すのもザラで、その釣れっぷりの情報は瞬く間に広まった。 「鹿島沖のマゴチのシーズンはこれからですからね。本来は梅雨明けの魚ですから、深場から浅場にどんどんと産卵のために集まってきますよ」と話す、鹿島港「第十八不動丸」の加瀬秀和船長。 釣り方はいたってシンプル。ワームを装着したテンヤを沖目にキャストして手前に寄せてくるだけ。ベタ底をズル引きするのではなく、竿の長さ分だけ、ゆっくりと上げてテンヤをカーブフォールさせながら手前によせてくるというもの。マゴチはフォールするテンヤに好反応を示すからだ。

タックルはひとつテンヤマダイ用でOK! テンヤは6〜10号各種

タックルは、ひとつテンヤマダイ用でオーケー。道糸は、PE0.6〜1号。リーダは、フロロカーボン2.5〜3号2〜3mを道糸と摩擦系ノットで接続。テンヤは6〜10号各種。と、全くひとつテンヤマダイと同じでよい。 マダイ釣りと異なるところは、まずソフトワームを使うことと沖目にキャストして広範囲を探ることだ。ソフトワームは、鹿島港「第十八不動丸」加瀬秀和船長によれば、エコギア「パワーシャッド4インチ」と「グラスミノーL」が基本という。カラーはさまざまだが、ピンクがオールラウンダー。「ソフトワームは、3〜4インチサイズのものを基準に選ぶようにしてください。シャッド系、グラブ系それぞれ有効です」とのこと。 ちなみに乾たかしさんは、コンニャクを成形してテンヤに装着し、見事大型マゴチをキャッチしている。つまり、あまりワームの形状を選ばない、ということだ。 「ワームは、波動が強すぎるものはあまりよくないですね。姿勢のよいフォール状態が高アピールします」とのこと。シンプルな形状のワームが意外に釣れているという。 そして、フォール姿勢という点では、スッーと落ちる落下の速いカブラタイプより、ゆらゆらと落ちるテンヤのほうが適しているという。

マゴチの釣り方はカーブフォールを意識しながら手前へ寄せる!!

釣り方は、まず置き竿ではなくルアーフィッシングであると理解しよう。アタリがなくとも、テンヤをキャストして誘い続ける攻めの釣りだからだ。なれないうちは、ボトムを取りやすくするため、テンヤは重めの8〜10号使用がおすすめ。 具体的にはこうだ。沖目にアンダーキャストでテンヤをキャスト。テンヤがボトムへ着いたら、すばやく糸フケをとり約1mほどロッドを上げそこで待つ。すると、テンヤはカーブフォールしながら手前によりながら着底する。 ロッドを上げた長さ分、リールを巻きながら回収。そして、その動作を船下に来るまで繰り返す。 または、リールをゆっくりと巻き続けるテンヤの“ズル引き”でもよい。この場合、テンヤの動きを止めて食わせる間を作ってあげるのがコツだ。 アタリはテンヤが着底する直前、もしくはその直後に出ることがほとんど。 「コツッ」とか、「ガツガツガツ」と竿先に明確に出ることが多い。基本的には、テンヤマダイ同様、“即アワセ”しよう。 そして、このアワセ時に大事なことがドラグ調整だ。 「マゴチの場合、アワせたときにドラグがジーと出るようでは、なかなかフッキングまでにいたりません。強めのアワセ動作にドラグが出ないように調整してください」と加瀬船長は話す。竿が軟らかいほど、ドラグは強めに調整することが大事という。 この即アワセでなかなかフッキングまで至らないときは、逆に、アタリが出たらゼロテンションの状態でしばらく待ってやるとよいという。ヒラメ同様、強い引きが訪れるまでアワせるのを我慢しよう。 つまり、この2つのアワセ方でマゴチは対応できるということだ。

以上の記事は「つり丸」2015年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/