今回紹介するのは茨城〜外房にかけて人気のひとつテンヤマダイ。シンプルな道具で力強い引き!高いゲーム性!遅れて開幕する茨城〜外房の「乗っ込みマダイ」いよいよシーズン到来だ!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

シンプルな道具だから強い引きが楽しめる!5kgオーバーの特大サイズを狙おう!!

日本人に最も馴染みの深い魚の一つ「マダイ」。

食の人気はもちろんだが、釣りのターゲットとしても人気が高い魚の一つ。

それゆえ日本各地で古くより数多くの釣法が生み出されてきた。
 
とくにコマセを利用できないエリアでは特色に満ちた釣り方が多い。

外房〜茨城にかけて人気が高いのが「ひとつテンヤマダイ」。

以前より千葉にはシンプルな仕掛けで狙う釣りとして、手釣りの「ビシマ釣り」や短竿でリールを使わない「手バネ釣り」などが存在していた。

「ひとつテンヤマダイ」はこれらの釣りの理論を応用し、より多くの人が気軽にマダイ釣りを楽しめるよう進化を遂げた釣法だ。
 
すでに人気が定着しているので十分知っていると思うのだが、あえて今回はひとつテンヤでの基本的な釣り方やエリアごとのお勧めしたい釣り方などを紹介していきたい。

ひとつテンヤを楽しむ タックルと仕掛け

26a4cece6db52711d6fa1dfca495a462 そもそも「ひとつテンヤマダイ」って何?
 
仕掛けにオモリとハリが一体となったテンヤと呼ばれるものを使用し、エサとしてサルエビやアカエビなどのオキアミよりも大きなエビを付ける。

リーダーの先にテンヤを結ぶだけなのでいたってシンプル。

余分な物がないので、タイの力強い引きを最大限に感じられる釣りだ。
 
シンプルがゆえにエサのエビも違和感なく動き、ビギナーであっても簡単に本命を釣れることも多い。

ただコンスタントに高い釣果を出すには仕掛けがシンプルなだけに、釣り人に高い技術が要求される。
 
まず道具だが、仕掛けがシンプルで軽いので竿にはこだわりが必要。

オモリの着底や魚の小さなアタリを見逃さない竿先の感度の良い竿が必須。

最近ではひとつテンヤ専用竿が数多く出ている。
 
リールは小型のスピニングリール。2500番手ぐらいが一番扱いやすい。

そして道糸としてPE0.6〜1号を200mほど巻く。

実際に釣りをする水深は深くても50mほどなので、100mもあれば十分なのだが、高切れした時に備え余裕がほしい。
 
リーダーとしてフロロカーボン2.5〜3号を道糸に直結する。長さは3〜5m。

結び方はノーネームノットやFGノットのような摩擦系の結び。

この結びは非常に重要なので自信がなければ船長に確認してもらった方がいい。
 
あとはリーダーにテンヤを結ぶだけ。

テンヤの詳細は後ほど説明する。
 
ここまでで一番重要なのは、シンプルな道具がゆえに、その能力を最大限に生かさないと大ダイは釣れないということ。

PEやフロロなどの糸の痛み、結束の強度は小マメに確認しておくことが必要。
 
そしてリールのドラグ調整も小マメな確認が必須。

約1kgに設定すれば万全。

1kgの設定とは1Lのペットボトルをぶら下げると「ギー」と糸が出る程度だが、実際にはなかなかチェックできない。

PEを少し強めに引くとドラグが出るぐらいの強さなので、最初は船長に確認して力加減を覚えてほしい。 c63e525e14152d273d0c0c512eac3272 冷凍エビをエサにするのが一般的 TM0615_report85_05_1590643422 船によっては生きエビをエサにすることもある da2e747460539197bd0bd0bd187fc9cf エサ付けの基本は1匹掛け

テンヤの着底がわからないとダメ

それでは釣り方について。

この釣りは海底から魚を浮かせるコマセ釣りとは異なり、海底付近に泳ぐマダイを直に狙う。

つまり着底が確認できないと釣りにならない。
 
テンヤを投入したら糸の出る動きで着底を確認することが最初の課題。

PEの色の変化で、出た糸の長さを確認しながら船長の指示した水深前後に達したら最大限に集中。着底すると糸が少しフッとフケる。

これを確認したら糸フケを取って、竿先を1mほど上げ下げするとオモリが海底をトントンと叩いているのを確認できるはず。
 
それでも分からない場合は分かる程度までオモリを重くした方がいい。

潮が速い時などは軽いオモリだと着底しない場合もある。

ちなみに、糸の色が分かりづらい場合は、リール付近の手元の色で確認すると見やすい。
 
魚がいるのは主に海底から数m付近なので、時おり竿で2〜3m上下して誘いながらアタリを待つ。

マダイの動きとしては、数m浮いた位置から落ちてくるエサを確認して海底まで追いかける。

そして、海底からまた動いた時にバクっというパターンが多い。

なので仕掛けが着底したら、魚が追いかけてエサを食べる間をとってから、再び誘い上げに入りたい。

エリア別の釣り方!

ここからエリアごとの釣り方も少し紹介したい。

外房・飯岡から茨城・鹿島沖あたりは砂地の中に根が点在するエリアを狙うことが多い。
 
この場合に圧倒的に有利なのは、遊動テンヤと呼ばれる海中でオモリとハリが分離するテンヤ。

最大の利点はオモリが先に着底した後にエサのエビがゆっくりと落ちてくるので、より自然な動きを演出する。
 
そして砂地メインで根掛かりのリスクが少ないので10mほど前に投入することで幅広いポイントを探れる。

注意としてはエサが少し浮いているのでアワセは余裕を持って入れた方が掛かりがいい。
 
水深は深くても40mほどの場所が多いので、お勧めのオモリは8号。

潮が緩く底が分かる場合は6号。

潮が速く底が不明の場合は10号に替える。
 
外房・大原沖や茨城・大洗〜日立沖は岩礁帯が中心。

遊動テンヤではなく、通常の一体型のテンヤを用いて、着底後すぐに糸フケを取らないと根掛かりの餌食になる。

根によって頻繁に水深が変わるのでマメに底を確認する。

これが良い誘いにもなる。
 
根周りだけあってまじる外道は豊富。

根魚なども本命と同じくらいまじるので楽しい。

前述の飯岡〜鹿島よりも水深が浅いのでオモリも軽めをお勧めする。

とくに夏時期の大原沖などは水深10mほどの場合もあるので3号でも対応可能。
 
以上は主な参考だが、シーズンやその日の状況によっては飯岡でも漁礁周りを狙う場合もあるし、大原でも砂地帯を狙うこともある。

船長のポイント説明をしっかりと聞いて、その上でテンヤの選択や釣り方の参考としていただきたい。
 
例年だと東京湾や相模湾から遅れて開幕する外房〜茨城の乗っ込みマダイ。

この海域には、まだまだ5kgオーバーの特大サイズが数多くいる。

テンヤマダイならば、それらとの対峙も決して夢ではない

茨城〜外房 乗っ込みマダイ釣行レポート

0c9e471c000ba9f96fb61039d76c61c7 三段引きはマダイの証拠! 8d768e457e4da91a54760743376e9b12 面に赤い魚体が浮いた! a047e8386f56163b2f3cc428db7ab813 こちらは食べ頃サイズ c78348f13f8c64d0c4be5c1a91edb20b こんな大型マダイが茨城〜外房海域にはたくさんいる! 01_1590643993 1㎏前後のサイズでも強い引きが楽しめる! 127253e2b67bf0178642c31d486dad5c 小型のカンパチ TM0615_report85_12_1590644041 イナダも掛かる TM0615_report85_09_1590644060 ウスメバルがヒット TM0615_report85_10_1590644079 定番ゲストのハナダイ マダイは人気ターゲットゆえに日本各地に数多くの釣法がある。

今回紹介するのは茨城〜外房にかけて人気のひとつテンヤマダイ。
 
人気の理由は主に3つ。まず仕掛け。

オモリとハリが一体となったテンヤと呼ばれる仕掛けを糸の先に付けるだけというシンプルさ。

水深や潮流によってオモリの重さは変わるが、この地域では3〜10号がメイン。

そして道糸のPEラインは0.6〜1号と細い。

余分な物を最大限排した恩恵でマダイの力強い引きをダイレクトに楽しむことができる。
 
そして2つ目は高いゲーム性。ひとつテンヤは外道を含め、アタリが頻繁にある。

それゆえにビギナーでも簡単に釣れることが多い。

しかし好釣果を出すには、刻々と変化する状況に瞬時に対応する技術が釣り人に要求される。

仕掛けがシンプルゆえに奥も深く、高いゲーム性にハマる人が多い。
 
そして3つ目は夢の大ダイとの出会い。このエリアにはまだ数多くの大ダイが潜んでいる。

バーゲンの売り文句ではないけど、最近ではなかなか目にできない「5㎏、6㎏は当たり前!」。

10㎏クラスのモンスターマダイが釣れたという報も毎年聞かれる。
 
東京湾や相模湾より遅れて開幕する茨城〜外房の「乗っ込みマダイ」。

いよいよシーズン到来だ!

以上の記事は「つり丸」2020年6月15日号の掲載記事です。