夏の釣り物で外せないのが東京湾のタチウオ!夏場はタナが浅くなり、アタリからのカケヒキがよりおもしろくなる!指3本幅ぐらいがアベレージだが、ドラゴ級の大型もまじる!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

夏場はタナが浅くなる!アタリからのカケヒキが よりおもしろくなる!!

TM0701_tokushu2_00_10_1591419244 昨シーズンは観音崎沖〜走水沖でフィーバーした!

6月前半の時点では、浅ダナで釣れることも

東京湾のタチウオは、ここ数年でほぼ周年狙えるようになってきた。

春の時期は釣果が落ちるが、6月に入って釣果が上向いてきた。

金沢漁港「忠彦丸」では6月1日に31〜70本、金沢八景「弁天屋」では同日に9〜43本を記録している。

釣り場は観音崎沖〜久里浜沖。

タナも浅くなって、海面下20m前後で釣れるときもあるようだ。

タナが浅くなるとライトタックルで狙え、アタリがわかりやすくなる。

また、アタってからのカケヒキも、深場のとき以上に楽しめる。

夏場のタチウオはビギナーが入門するにもオススメだ。

釣れるサイズは指3本クラスがアベレージ。

ときおり指4本幅の大型もまじっているようだ。

昨年は指4〜5本の大型がコンスタントにまじっていたので、この夏も期待される。

夏タチのタックルについて

前述したように夏場はタナが浅くなるが、状況によっては水深60〜80mといった深いタナを狙うこともある。

浅場も深場も1タックルで狙うなら、竿は幅広い号数のオモリ(30〜80号)に対応するライト用ロッドやゲームロッドがオススメ。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。少々深いタナを狙うこともある状況なら、小型電動を使うのがオススメだ。

道糸はPE2号を使うのが、近年の東京湾の標準となりつつある。

船宿によっては道糸の太さによって、使用オモリの号数を変えている場合もあることも頭に入れておこう。

仕掛けはシンプルな1本バリが主流!

shikake_045_1591418176 e256160ddd90f77dbaf83804d7e43efc 近年のタチウオ仕掛けは、シンプルな1本バリが主流だ。

チモトにアクセサリー類が付いていたり、ハリ数が2本以上になると、誘って仕掛けを動かしたときにエサの動きが不自然になりやすいという理由からだ。

またタナが浅いときには仕掛けを見切られやすいので、シンプル仕掛けに実績があるようだ。

ハリはタチウオ用の1/0〜3/0。良型や大型が多い時には2/0〜3/0を使うといいだろう。

エサを固定するためのケン付きタイプがオススメだ。

ハリスは6〜8号、2m前後。ハリスの長さは、アタリの出方やハリ掛かりによって変えるといいだろう。

エサは多くの船がサバの切り身を用意するが、なかにはコノシロをエサに使う船もある。

サバもコノシロも、釣れ具合はほぼ同じ。コノシロはサバよりもエサ持ちがいいようだ。

この釣りでエサ付けは、とても重要。

誘ったときにエサがズレたり、不自然に動かないように付けるのが大前提。縫い刺しにするのが主流で、上のイラストで示したのが代表的なエサ付けの一つ。 65045c29fd0b2f89fc73ad8ff2730ff7 使用オモリはタナによって変わるので、釣行前に確認しておくこと 7c73d7cae685a28a95842e0f6eca8810 シンプルな仕掛けが主流だが、チモトにファイバーを付ける人もいる 050b934e3be4400d78aff00cabbbb8d1 エサはサバの切り身

タナを誘い探ってアタリを出そう!

7879535b753c7c846af7603688f715b7 49440b45e925441c98b95552ddc6621b 釣りが開始されると、船長からタナのアナウンスがある。

「底から10mまで」という場合と「50mから35mまで」という場合がある。

「底から10mまで」というタナ指示のときは、まず仕掛けを着底させる。

オモリが着底したら即座に糸フケを取り、竿をシャクリ上げて誘いながら、海底から10m上まで探る。

アタリがなければ、再度仕掛けを着底させてから、10m上まで誘い探る。

釣り場の水深が深く、中層に反応がある場合に「50mから35mまで」というタナ指示が出やすい。

この場合、仕掛けを海面下50mまで落とす。

これ以上落とすと反応が下がったり、消えたりするので落とさないように!

そして竿をシャクって誘い上げながら、海面下35mまで探っていく。

誘い方はいろいろあるが、代表的なのは二つ。

一つはショートピッチで誘い上げていく方法。

竿先をチョンチョンと動かし、リールのハンドルを1/4〜1/2回転させながら、仕掛けを巻き上げていく。

巻き上げるスピードはいろいろ試して、アタりやすいパターンを見つけるといいだろう。

もう一つは、50㎝〜1mの幅で竿をシャクリ、シャクった後に動きを止める。

そして竿先を下げながらリールを巻いて、再度50㎝〜1mの幅で竿をシャクって止めるを繰り返すパターンだ。

アタリやすいシャクリ幅と止めの時間の長さは日によって違うので、いろいろ試してみよう。

釣りを続けていくと、アタリが集中するタナが決まってくることがある。

そんなときは(とくに中層反応の場合)、アタリが集中するタナの前後を探ると効率的だ。

アタったら、そのまま巻き上げる

3e2c3501613bc06b81a36470fba0adac 誘い続けていくとアタリが出る。「コンコン」とか「コツコツ」と感じる時もあれば、モタれるように重い場合もある。

アタリがあったら、そのまま誘い続けていくのが近年主流の釣り方。誘い続けていくとハリ掛かりするのだ。

渋いときは、アタってから誘い続けてもなかなかハリ掛かりしないこともある。

そんなときは海面まで誘うつもりで、根気よく誘い続けよう。

なかなかハリ掛かりしないときは、アタった後はスローに小刻みに誘ったり、ただ巻きにするとハリ掛かりしやすくなる。

このアタリから掛けるまでのカケヒキが、タチウオ釣りの面白さだ。

ハリ掛かりするとタチウオは抵抗する。

大型ほど引きは力強く重々しい、大きいと思ったら慎重に巻き上げよう。

東京湾 タチウオ夏の陣!釣行レポート

TM0701_tokushu2_00_04_1591419576 竿は幅広い号数のオモリに対応するライト用ロッドやゲームロッドがオススメ f85c214f22efc3230f0bb40a9b94a4b6 タチウオは引きも強く楽しめる TM0701_tokushu2_00_01-2_1591419669 本智子さんもタチウオ釣りが大好き!昨シーズンは存分に楽しんだ 6a1a9b3d4cf152f861a4def9ed15b1a6 指4〜5本幅の大型を狙おう! TM0701_tokushu2_00_02-2_1591420319 鋭い歯がタチウオの特徴 14902db5e299cdebb314fd9759c1c5eb アタってからのカケヒキが楽しいタチウオ 08dd3b3e16f9eccbc2b1a8618a6f0162 ハリを外すときは歯に触れないように注意しよう! TM0701_tokushu2_00_07-2_1591420391 ドラゴン級の大型! 4b2a1c4cb8c8649473cdc2a559d971a6 こちらも大型! 2932bb51a964fc7f25c9d41cda79feee タナが浅いとLTで楽しめる 52c9312b51f7e5f2eac4b511b400403e タナが深いときよりもいっそう楽しめる。 ec9c30a75de7fa1b84cd813352926b81 東京湾のタチウオは食べても美味しい。 TM0701_tokushu2_00_16-2_1591421149 お土産十分! 夏の釣り物で外せないのが東京湾のタチウオ。

今シーズンも6月に入ってから浅いタナで釣れることもあり、夏パターンに移行しつつある。

6月前半の時点で釣れているのは、観音崎沖〜久里浜沖。

タナは浅いときには20m前後で釣れる日もあるようだ。
 
浅いタナではライトタックルと軽いオモリで狙え、アタリもわかりやすい。

アタってからアワせるまでのカケヒキは、タナが深いときよりもいっそう楽しめる。

ビギナーにもオススメだ。
 
釣れるサイズは指3本幅ぐらいがアベレージであるが、時おり指4〜5本の大型もまじっている。

昨シーズンは大型がコンスタントに取り込まれていたので、今シーズンも期待したい。
 
東京湾のタチウオは食べても美味しい。

刺身のほか、テンプラや蒲焼きも美味。

釣って楽しく、食べて美味しいタチウオ。

この夏の沖釣りは、東京湾のタチウオがオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2020年7月1日号の掲載記事です。